ビトゥールヒンディー語:बिठूर, 英語:Bithoor/Bithur)は、インドウッタル・プラデーシュ州カーンプル県の都市。

ビトゥールのナーナー・サーヒブ

歴史編集

1818年第三次マラーター戦争終了後、マラーター王国宰相バージー・ラーオ2世はこの地でイギリスからの年金生活者となった。

1851年、バージー・ラーオ2世が死亡したのち、その養子ナーナー・サーヒブは年金を受給する権利を与えられなかった。

そのため、1857年にインド大反乱が勃発すると、ナーナー・サーヒブはこの地からカーンプルの奪取にかかった。

関連項目編集