ビン公捷

春秋時代の宋の君主
本来の表記は「湣公捷」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

湣公(閔公、びんこう、? - 紀元前682年)は、春秋時代の君主(在位前692年 - 前682年)。姓は子、名は捷。荘公の子。紀元前692年、荘公の後をうけて宋国の君主となった。紀元前684年、宋軍は軍とともにに侵攻して郎に宿営した。宋軍は魯軍の襲撃を受けて乗丘で敗れ、大夫の南宮万が捕らえられた。紀元前683年、先年の乗丘の戦いの報復のために、再び魯に侵攻し、鄑で敗れた。南宮万が釈放されたが、湣公は「わたしはかつて君を敬っていたが、いまあなたは魯の虜囚となった身であるから、わたしは再び君を敬うことはない」と放言したので、南宮万はこれを恥じて恨んだ。紀元前682年、南宮万は湣公を蒙沢で殺し、公子游を国君に立てた。

参考文献編集