メインメニューを開く

ピアノ三重奏曲第1番 (ショスタコーヴィチ)

ピアノ三重奏曲第1番 ハ短調 作品8は、ドミートリイ・ショスタコーヴィチが作曲したピアノ三重奏曲。ショスタコーヴィチの最初の室内楽曲である。

概要編集

1923年の8月、ショスタコーヴィチは肺リンパ腺結核の治療のためクリミアに滞在していた。そのクリミアのガスプラという町でピアノ三重奏曲第1番が作曲され、間もなくペトログラード(現サンクトペテルブルク)で完成した。ショスタコーヴィチは「詩曲」とも呼んだこの作品を、当時ショスタコーヴィチが恋をしていたタチヤーナ・グリヴェンコに献呈した。同年12月13日、ペトログラード音楽院(現サンクトペテルブルク音楽院)での発表会において初演され、ショスタコーヴィチとヴァイオリニストのベンジャミン・シェールと、チェリストのグリゴリー・ペッケルの2人の友人によって行なわれた。作曲科教授のマクシミリアン・シテインベルクはこの作品を高く評価した。

妹のゾーヤの回想によれば、当時ショスタコーヴィチは家計を助けるために、映画館で無声映画の伴奏ピアニストとしてアルバイトをしていた。その2人の友人と共に映画館の中で練習をし、映画に合わせて演奏することで練習したというエピソードが残されている。

この作品を作曲した時のショスタコーヴィチはわずか17歳であり、音楽院で抜群の才能を示した時期であった。3年後にまずロシア国内で広範な関心を呼び、やがては国際的な名声をもたらすこととなった交響曲第1番の構想を練り始めていた時期でもあった。

作品は単一楽章の簡潔な作品だが、巧みな構成の中に多様なテンポと音楽的性格が含まれている。

楽譜は死後出版された。第2番と比較して、演奏される機会がごく少ない作品である。

構成編集

単一楽章の構成であるが、一応ソナタ形式の片鱗を残している。演奏時間は約13分。