ピーター・ウィレム・コルトハルス

植物学者

ピーター・ウィレム・コルトハルス(Pieter Willem Korthals、1807年9月1日 - 1892年2月8日)はオランダの植物学者である。東南アジアの植物を研究した。

ピーター・ウィレム・コルトハルス

アムステルダムに生まれた。数年間ライデンの王立標本館で働いた後、東インド会社の自然科学委員会のメンバーに選ばれた。1831年の4月にジャワ島に渡り、1837年まで東南アジアで植物の収集を行い帰国した。1840年から1844年の間に著書、"Verhandelingen over de natuurlijke geschiedenis Nederlandsche overzeesche bezittingen. Botanie "(「オランダの海外植民地の自然誌研究、植物編」)を執筆した。薬用植物のアヘンボクMitragyna speciosa)の発見や、熱帯の食虫植物のモノグラフ"Over het geslacht Nepenthes"(1839)で知られる[1]

ヤシ科の属名、Korthalsia[2]ビャクダン科の属名 Korthalsella に献名されている.[3]

著書の画像編集

著作編集

  • Observationes de Naucleis indicis…. 1839.
  • Over het geslacht Nepenthes. In: C. J. Temminck: Verhandelingen over de natuurlijke geschiedenis der Nederlandsche overzeesche bezittingen; Kruidkunde: 1–44, pls. 1–4, 13–15, 20–22. 1839.
  • Verhandelingen over de natuurlijke geschiedenis der Nederlandsche overzeesche bezittingen. Botanie. 1840–1844.

参考文献編集

  1. ^ (オランダ語) Korthals, P.W. 1839. Over het geslacht Nepenthes. In: C.J. Temminck 1839–1842. Verhandelingen over de Natuurlijke Geschiedenis der Nederlandsche overzeesche bezittingen; Kruidkunde. Leiden. pp. 1–44, t. 1–4, 13–15, 20–22.
  2. ^ Palms of Southern Asia by Andrew Henderson
  3. ^ Plant Disease Jan. 2009 PD-62 Hawaiian Mistletoes (Korthalsella Species)