ピーター・マンツ

ピーター・マンツ(Peter Munz、1921年5月12日 - 2006年10月14日)は、ニュージーランド哲学者歴史家ヴィクトリア大学ウェリントン教授で、カール・ポパールートヴィヒ・ウィトゲンシュタインから主に影響を受けていた[1]。マンツは、ポパーとウィトゲンシュタインの両方から指導を受けた2人の人物のうちの1人である[2]

若年期編集

1921年にドイツケムニッツで生まれ、ドイツ、スイス、イタリアで育った。マンツの家系はユダヤ人であり、イタリアでファシズム、ドイツでナチズムが台頭したため、マンツと彼の母親と姉妹はニュージーランドに移民した。一家は1940年にクライストチャーチに到着した[1]

その後、マンツはカンタベリー大学に入学し、ドイツ語、歴史学、哲学を学んだ。彼の哲学の担当教員はナチス政権から逃れてヨーロッパからニュージーランドに移住していたカール・ポパーだった。彼らは親しい友人になった[1]

1944年にカンタベリー大学を卒業した後、マンツはイギリスのケンブリッジ大学でPh.D.を取得した。ケンブリッジ大学ではルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの下で教えを受けた[3]

学者としての仕事編集

ニュージーランドに帰国したマンツは、ヴィクトリア大学ウェリントンで職を得て、中世史、17世紀フランス、フランス革命の専門家として教鞭を取った。マンツは中世史に関する著作を出版し、ドイツ語、イタリア語から英語に訳す翻訳家としても活動した[1]

思想編集

2004年、マンツはニュージーランド議会の法と秩序特別委員会に出席し、双方の合意に基づく近親相姦を合法化するべきであると論じた。マンツは「近親相姦の禁止は旧石器時代初期から今に至るまで続いているが、現代の市民社会では時代遅れの禁制である」と述べた[4]

マンツはユダヤ人としてイスラエルを度々批判している[4]

参考文献編集

  1. ^ a b c d Price, Russell (2007年3月11日). “Obituary: Peter Munz”. The Guardian. https://www.theguardian.com/news/2007/mar/12/obituaries.mainsection 
  2. ^ Edmunds, D. and Eidenow, J. Wittgenstein's Poker: The Story of a Ten-Minute Argument Between Two Great Philosophers, 2001, page 13.
  3. ^ Obituary - Peter Munz”. New Zealand Books. 2019年9月16日閲覧。
  4. ^ a b “Academic takes on incest taboo”. (2004年5月21日). https://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=3567929 2019年9月16日閲覧。 

外部リンク編集