ファイヤーブランケット

ファイヤーブランケット (英語:Fire blanket) とは、耐燃性の素材で作られた簡易消火用具であり、火に被せて消火する。

ファイヤーブランケットの使用風景
ファイヤーブランケットの使用風景

以前は主に石綿(アスベスト)で作られていたが、現在はグラスファイバーや難燃性合成繊維のアラミドなどで作られる。

概要編集

燃えにくい布を火が付いた物に被せる事で、酸素の供給を遮断して消火する。

メリット
  • 再利用できる
  • 後片付けが簡単
デメリット
  • 火に近寄る必要があり、危険にさらされる。
  • 布で覆える程度の物しか消火できない(車を覆えるサイズまで商品化されている)。
  • 人間などの生物を救助する場合は、口元を覆わないようにする必要がある。また、冷却するわけでは無いので、熱傷の治療は別途行う必要がある。
代替
  • 水で濡らした毛布や布団も消火に使われる[1]

注意点編集

標準化編集

欧州標準化委員会によって標準化された EN 1869:2019 Fire blankets で一定の性能が確認される[5]

出典編集