メインメニューを開く

VAUDEドイツスポーツ用品メーカー。特に登山用品には定評がある。 本社は アルプスのふもと、ボーデン湖の近くドイツのTettnangテットナンにあります。創業は1974年、登山家である アルブレヒト-フォン-デービッツによる。 社名は彼の名前Von Dewitzからとられた。2009年には彼の娘 Antje von Dewitz(アンツィエ)が代表なる。

Vaude Sport GmbH & Co. KG
企業形態 GmbH & Co. KG
業種 登山用品、スポーツグッズ、アウトドアー服、靴
設立 1974
創業者 Albrecht von Dewitz アルブレヒト・フォン・デービッツ
本社 Tettnang, Germanyテットナン、ドイツ
主要人物 Antje von Dewitz (CEO) アンツィエ・フォン・デービッツ
製品 アウトドアー・アパレル、バックパック、テント、寝袋他
従業員数 1600
ウェブサイト www.vaude.com
テンプレートを表示
Vaude本部Tettnang、ドイツ、2013年

製品は テントバックパック寝袋等。 マウンテンスポーツ部門,バイク部門,タウンユースのパクスン・バッグ部門の3つの部門がそれぞれの製品を開発している。社員はドイツ本社だけで486人いる。 ベトナムにも協力工場があり、創業者のアルブレヒトが現在も直接指導を続けている。

CEOのアンツィエ・フォン・デービッツはドイツにおける環境問題の先駆者でもあり、たびたび新聞・雑誌・テレビに登場している。

2006年にはEdelridがVaudeの傘下となる。2008年にはLucey(クライミング用品)、Markill(キャンピング用品)がEdelridブランドに統合された。 MarkillはMarsteller & Killman社のブランドであり、この会社は1866年にThuringiaで創業、1907年にKettwingで設立された。Marstelller&Killmany社はコンロ、調理器具、食品容器やアルミボトルを製造していた。 2017年には登山靴・服メーカーのRed Chiliを傘下に収めた。

企業の社会的責任-環境保護編集

ファウデ社は創業者自らが登山家でもあり、アウトドアー用品のメーカーであるので環境保全について力を注いでいる。素晴らしい自然を次世代に残す為に、有害な物質は使用しないという哲学を持つ。

地域活動にも力を注ぎ、働く母親の為の保育園を作り 約30名の子どもたちを受け入れている。また、閉鎖されようとしていた地方公共プールを存続させるために買い取っている。

2014年、Global Reporting Initiative のガイドラインに沿った企業責任報告書をまとめる。2010年、テキスタイル産業の職場環境改善を目的としたFair Wear Foundationのメンバーとなる。製造工程における環境と安全性の向上を目的として、ファウデ社はbluesign produciton standardを適用している。

VAUDE主催選手(過去と現在)編集

VAUDE主催のチームと選手:

参考文献編集

外部リンク編集