ファラロンプレート

ファラロンプレート英語: Farallon Plate)は、かつて太平洋の東部に存在した巨大なプレートである[1]

Restoration of Panthalassa around 250 Mya, with the Farallon Plate to the North-East
Formation of the Juan de Fuca (including Explorer and Gorda) and Cocos plates (including Rivera) and of the San Andreas Fault from the Farallon plate

概要編集

 
A software model by NASA of the remnants of the Farallon Plate, deep in Earth's mantle

ファラロンプレートは、 今から約5000万年前に太平洋東部に広がっていた[2]フェニックスプレート英語版イザナギプレートとともに、パンサラッサの3つの主要なプレートの1つであった。今からおよそ1億8000万年前、パンゲア大陸が分裂し始め、北米プレートの下にファラロンプレートが沈み込み始めた[1]。しかし、ファラロンプレートの一部は現在、ファンデフカプレートとして残っている。

出典編集

  1. ^ a b プレートに「ファスナー」!?謎の火山活動に新説” (日本語). natgeo.nikkeibp.co.jp. 2021年7月12日閲覧。
  2. ^ マントル最深部にプレートの痕跡 地球の進化、解明に道” (日本語). 日本経済新聞 (2014年2月5日). 2021年7月12日閲覧。