メインメニューを開く

フィルモス・フサール (Vilmos Huszár、1884年 – 1960年) は、ハンガリーの画家およびデザイナー。オランダで活動し、著名な芸術運動デ・ステイル (De Stijl) の主唱者の一人である。

フィルモス・フサール
Vilmos Huszar.jpg
生誕 フィルモス・ヘアツ (Vilmos Herz)
(1884-01-05) 1884年1月5日
ブダペスト
死没 1960年9月8日(1960-09-08)(76歳)
ヒールデン英語版

フサールはハンガリーブダペストに生まれ、1905年 (21歳) にオランダフォールブルグ英語版に移り住んだ。キュビスムおよびフューチャリズムの影響を受け、彼と並んで1917年のデ・ステイル創始の中心人物であるピエト・モンドリアンテオ・ファン・ドゥースブルフと出会う。また、デ・ステイル誌を共同制作し、創刊号の表紙デザインを担当した。

フサールが配色計画を行ったブランジェル邸の子供部屋 (1918)

1918年、フサールはフォールブルグのブランジェル邸 (Bruynzeel house) の寝室の配色設計を行った。1920年から1921年にかけて、ピート・スヴァルト英語版との家具の共同設計を行い、のちの1923年にフサールはデ・ステイルのグループから離脱した。また、大ベルリン美術展の内装をヘリット・リートフェルトとともに設計。1925年以降、フサールはグラフィックデザインと絵画の分野に集中するようになる。

1926年、紙巻きたばこのブランド “ミス・ブランシェ・ヴァージニア” のビジュアル・アイデンティティ一式 (パッケージ、広告、店頭ポップ) を制作。このコンセプトは、当時現れはじめた “ニュー・ウィメン英語版” (New Women) あるいは “フラッパー” (Flapper) たちのイメージを基としている。フラッパーとは、若く独身で都会的、仕事を持ち、独立した理念と、権威と社会規範に対するある種の軽視、というイメージで知られる女性たちである。喫煙は、彼女らの新たな独立性と密接に関係していた。

現在、フサールの作品の多くは所在が不明となっている。彼の絵画作品、彫刻作品の多くが、デ・ステイル誌の掲載写真あるいは彼自身が撮影した写真で残るのみである。所在不明作品には、1920年代初期のダダ会議に使用された、幾つかのポーズを取る “踊るからくり人形” (Dancing mechanical doll) の絵画などがある。

1960年、フサールはオランダの都市ヒールデン英語版にて没した。

没後25年後の1985年の3月8日から5月19日にかけ、ハーグデン・ハーグ市美術館英語版において大規模なフサール回顧展が開催された。

関連項目編集

外部リンク編集