フェニルエタノールアミン-N-メチルトランスフェラーゼ

フェニルエタノールアミン-N-メチルトランスフェラーゼ(phenylethanolamine N-methyltransferase, PNMT)は、副腎髄質で見られる酵素で、ノルアドレナリンアドレナリンに変換する。

phenylethanolamine N-methyltransferase
識別子
略号 PNMT
他の略号 PENT
Entrez英語版 5409
HUGO 9160
OMIM 171190
RefSeq NM_002686
UniProt P11086
他のデータ
EC番号
(KEGG)
2.1.1.28
遺伝子座 Chr. 17 q21-q22
テンプレートを表示

PNMTは副腎皮質で作られるコルチゾールによって正の影響を受ける。

S-アデノシルメチオニン(SAM)が必須の補因子になっている[1]

PNMTはSAMからメチル基をノルアドレナリンに転移し、アドレナリンに変換する。また、この酵素はフェネチルアインアンフェタミンの異性体であるN-メチルフェネチルアミンに変換する[2]

PNMTはアドレナリン生合成における最終段階を触媒する

出典編集

  1. ^ Wong DL, Lesage A, Siddall B, Funder JW (November 1992). “Glucocorticoid regulation of phenylethanolamine N-methyltransferase in vivo”. The FASEB Journal : Official Publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology 6 (14): 3310–5. PMID 1426768. http://www.fasebj.org/cgi/content/abstract/6/14/3310. 
  2. ^ Pendleton, RG; Gessner, G; Sawyer, J (1980 Sep). “Studies on lung N-methyltransferases, a pharmacological approach.”. Naunyn-Schmiedeberg's archives of pharmacology 313 (3): 263–8. PMID 7432557. 

外部リンク編集