メインメニューを開く

フェリックス・アヴェラール・ブロテロ

フェリックス・アヴェラール・ブロテロ

フェリックス・アヴェラール・ブロテロ、本名フェリックス・ダ・シルヴァ・アヴェラール(Félix Avelar Brotero 、Félix 、1744年11月25日 - 1828年8月4日)はポルトガル植物学者である。

ロウレスのLoughreaに生まれた。ランス大学で医学を学んだ。1788年に異端審問から逃れるためにフランスに逃れた。12年間フランスで過ごし、ポルトガル語で、『植物学の大要』("Compendium da Botanica")を出版し、植物学者として名声を得た。1790年にポルトガルに戻り、コインブラ大学の植物学、農学の教授になった。コインブラの植物園、リスボンのアジュダ植物園を発展させた。世界各地の植物を研究し、『ポルトガルの植物』(" Flora lusitanica")や『ポルトガル植物図説』("Phytographia lusitaniae selectior")などを執筆し、ポルトガル植物について詳細に記述した最初の著作となった。この著書で、名前をラテン語のブロテロと名乗った。83歳のときにも、カーボベルデ諸島の砂漠化の論文や、サツマイモや針葉樹に関する論文を発表した。

ボタン科の種、Paeonia broteri"などに献名されている。

著作編集

  • Principios de agricultura philosophica. Coimbra: Imp. da Universidade, 1793
  • Flora Lusitanica: seu plantarum, quae in Lusitania vel sponte crescunt: vel frequentuns colunter, ex florum praesertim sexuleus systematic distributarum: synopsis. Olissipone: Ex Typogr. Regia, 1804. 2 vols.
  • Phytographia Lusitaniae selectior..., seu Novarum, rariorum, et aliarum minus cognitarum stirpium, quae in Lusitania sponte' veniunt, ejusdemque floram spectant, descriptiones iconibus illustratae. Olisipone: Typographia Regia, 1816-27. 2 tomos
  • Compêndio de botânica: addicionado e posto em harmonia com os contrecimentos actuaes desta sciencia, segundo os botanicos mais célebres, como Mirbel, De Candolle, Richard, Lecoq, e outros, por Antonio Albino da Fonseca Benevides. Lisboa: Typ. Academia Real das Sciencias 1837-1839. 2 vols.

参考文献編集

  • Castel-Branco, Cristina. Félix de Avelar Brotero: botaniste portugais (1744-1828). Paris/Lisboa: Fundação Calouste Gulbenkian, 2004.
  • Fernandes, Abílio. Felix de Avellar Brotero e a sua obra. Alcobaça: Tipographia Alcobacense 1944.
  • Palhinha; Ruy Telles. Obra e vida de Félix de Avelar Brotero. Lisboa, 1950.