フマル酸レダクターゼ (補酵素M/補酵素B)

フマル酸レダクターゼ (補酵素M/補酵素B)fumarate reductase (CoM/CoB))は、フマル酸レダクターゼのうち電子供与体としてチオール基を用いる酵素である。チオール:フマル酸レダクターゼ(thiol:fumarate reductase, TFR)とも。

フマル酸レダクターゼ (補酵素M/補酵素B)
識別子
EC番号 1.3.4.1
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
テンプレートを表示

反応編集

触媒する化学反応は次の通りである[1]

フマル酸 + HS-CoM + HS-CoB → コハク酸 + CoM-S-S-CoB

この反応には補酵素M(CoM)と補酵素B(CoB)が使われるが、生じたCoB-CoMヘテロジスルフィドはヘテロジスルフィドレダクターゼによって還元されて2つの補酵素へと再生される。

分布編集

メタン菌に限られる。

構造編集

AとBの2つのサブユニットからなるヘテロ2量体。サブユニットAはコハク酸デヒドロゲナーゼフラボタンパク質(Fp)サブユニットと相同であるが、結合している補因子は厳密には同定されていない。サブユニットBは同じく鉄硫黄タンパク質(Ip)サブユニットと相同であるが、C末端にヘテロジスルフィドレダクターゼの補酵素結合部位と似た配列が存在している。[1]

参考文献編集

  1. ^ a b Heim et al. (1998). “Thiol:fumarate Reductase (Tfr) from Methanobacterium thermoautotrophicum: Identification of the Catalytic Sites for Fumarate Reduction and Thiol Oxidation”. Eur. J. Biochem. 253 (1): 292-299. doi:10.1046/j.1432-1327.1998.2530292.x. PMID 9578488. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1046/j.1432-1327.1998.2530292.x/pdf.