フランティシェク・コウツキー

フランティシェク・コウツキー(チェコ語:František Koucký) (1907年7月20日クルンスコ生まれ、1994年1月11日没)は、チェコの銃火器設計士。第二次世界大戦後はチェスカー・ズブロヨフカ・ウヘルスキブロッドにて、兄のヨセフと共に、かの著名なCz75拳銃を始めとする数多くの製品を世に送り出した。[1]

生涯編集

フランティシェクはムラダー・ボレスラフ近郊クルンスコにて、整備職人である父コウツケーホの第四子として生誕。ムラダー・ボレスラフの専門学校に、その後高等工業高校へと進学する。1926年に、父親が監督を務める L. Kotek, spol. s.r.o.という工場にて、工具製作者として勤務。1945年には5歳年下のヴラストージ・ズダールスコウと結婚、1951年には長男ヴォイテハが産まれる。ドイツ語と英語を話した彼は、1955年にクレメント・ゴットワルトから第二国家勲章を受勲している。

銃器の刻印編集

彼と兄、二人の兄弟は製品名をZK(ブロヨフカ・ウツキー)と指定しており、その後に続く2桁の数字は製造年を、次の1桁はモデルを表した。

  • 1938年: ZK382, ZK383H, ZK384, ZK385
  • 1939年: ZK395,
  • 1940年: ZK403, ZK404, ZK405, ZK406, ZK407
  • 1941年: ZK412, ZK414 (ZB 303 Br)
  • 1941年: ZK416, Puška vz. 41 (resp. Modell SS 41(t) a Modell 41/15 mm)
  • 1942年: ZK420, ZK423, ZK425
  • 1945年: ZK453, ZKM468, ZKM451, ZKM452, ZKM454, ZKM455, ZKM456, ZKM468
  • 1946年: ZKM465/ZKW 465 Hornet, ZKW465, ZK466,
  • 1947年: ZK476, ZK477, ZK475
  • 1948年: ZK481, ZK483
  • 1949年: ZK492, ZKP493, ZK494, ZK496
  • 1950年: ZKP501, ZKP504
  • 1951年: ZK514
  • 1952年: ZK520, ZKP521
  • 1954年: 年:年:ZKP541
  • 1955年: ZKR551 r
  • 1956年: ZKM561, ZKM562
  • 1957年: ZKM573
  • 1959年: ZKR590
  • 1960年: ZKK600, ZKK601, ZKK602
  • 1961年: ZKM611
  • ČZ.75

リンク編集

参考編集

  1. ^ Vojenský historický ústav Praha: CZ model 75

外部リンク編集