メインメニューを開く

フリカワリ囲碁用語のひとつで、相手に利益を与える代わり、自分も別の場所で利益を取って変化することを指す。漢字では「振り替わり」と表記される。布石からヨセに至るまで、幅広く用いられる概念である。

フリカワリの実例編集

フリカワリの行われる典型的な例は、コウが決着する時である。相手のコウダテに手を抜いてコウを解決し、相手がコウダテの部分を2連打することでフリカワリが成立する。

定石などでも、フリカワリを含むものは多い。例えば下図は「村正の妖刀」と呼ばれる定石の一変化。黒1とハザマに打ってきたら、白は2とコスんで出る。

                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 

以下、白は△に打った石を捨てて黒に外勢を与えつつ、自分は4から8と隅のを確保する。

                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 

カカった石をハサまれた場合。白1と打つと、黒2と地を確保しつつ根拠を奪って攻められよくない。

                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 

そこで、白は1と三々に入り、白△の石を捨てて隅の地を奪い、フリカワる打ち方がある。

                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 

フリカワリの名手編集

フリカワリは、どちらが得かを正確に判断しなければならず、高度な技術であるといえる。このため、フリカワリの名手といわれるのは、形勢判断の明るさと深い読みを兼ね備えた打ち手となる。江戸時代の打ち手では本因坊秀和太田雄蔵が有名で、現代では依田紀基井山裕太などが名手として知られる。

参考文献編集

「新・早わかり 用語小事典」 日本棋院