フリッツ・バッテンバーグ・ビーチェル転位

フリッツ・バッテンバーグ・ビーチェル転位(フリッツ・バッテンバーグ・ビーチェルてんい、: Fritsch-Buttenberg-Wiechell rearrangement)は、1,1-ジアリール-2-ブロモ-アルケンアルコキシドのような強塩基の存在下で1,2-ジアリール-アルキン転位する化学反応であり、Paul Ernst Moritz Fritsch (1859–1913)、Wilhelm Paul Buttenberg、Heinrich G. Wiechellによって名付けられた[1][2][3][4]

フリッツ・バッテンバーグ・ビーチェル転位

この転位反応はアルキル基でも可能である[5]

反応機構編集

強塩基がビニル水素を脱プロトン化し、α脱離によってビニルカルベンを形成する。そして、1,2-アリールから目的の1,2-ジアリール-アルキンが作られる。

応用編集

長いポリインをこの反応によって合成する研究が行われた[6][7]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Paul Fritsch (1894). “Ueber die Darstellung von Diphenylacetaldehyd und eine neue Synthese von Tolanderivaten”. Justus Liebig's Annalen der Chemie 279 (3): 319–323. doi:10.1002/jlac.18942790310. 
  2. ^ Buttenberg, W. P. (1894). “Condensation des Dichloracetals mit Phenol und Toluol”. Justus Liebig's Annalen der Chemie 279 (3): 324–337. doi:10.1002/jlac.18942790311. 
  3. ^ Wiechell, H. (1894). “Condensation des Dichloracetals mit Anisol und Phenetol”. Justus Liebig's Annalen der Chemie 279 (3): 337–344. doi:10.1002/jlac.18942790312. 
  4. ^ Köbrich, G. (1965). “Eliminations from Olefins”. Angew. Chem. Int. Ed. 4: 49–68. doi:10.1002/anie.196500491. 
  5. ^ Rezaei, H.; Yamanoi, S.; Chemla, F.; Normant, J. F. (2000). “Fritsch-Buttenberg-Wiechell Rearrangement in the Aliphatic Series”. Org. Lett. 2 (4): 419–421. doi:10.1021/ol991117z. 
  6. ^ One-Pot Formation and Derivatization of Di- and Triynes Based on the Fritsch-Buttenberg-Wiechell Rearrangement Thanh Luu, Yasuhiro Morisaki, Nina Cunningham, and Rik R. Tykwinski J. Org. Chem. 2007, 72, 9622-9629 doi:10.1021/jo701810g
  7. ^ The metal acetylide intermediate is captured by electrophile methyl iodide. The reaction product is a biomolecule found in for instance Bidens pilosa

関連項目編集