メインメニューを開く

フリードリヒ1世 (ニュルンベルク城伯)

フリードリヒ1世・フォン・ニュルンベルク=ツォレルンFriedrich I. von Nürnberg-Zollern、ツォレルン伯としてはフリードリヒ3世、1139年頃 – 1200年頃)は中世のニュルンベルク城伯領の領主。ツォレルン家出身者で初の城伯である。

目次

生涯編集

フリードリヒ1世は、ツォレルン伯としてはこの名を使った3人目の人物である。彼は、おそらく、1142年頃に亡くなったフリードリヒ2世の孫であると推測される。フリードリヒ1世は1171年からシュタウフェン家従士であったことが証明されている。特筆すべきは、フリードリヒの結婚である。シュヴェービシェ・アルプに所領を有していた彼は、ニュルンベルク城伯の相続権を持つ娘ゾフィア・フォン・ラープス(1218年頃没)と結婚した。彼は、ハインリヒ6世によって1191年にニュルンベルク城伯に封ぜられ、これによりツォレルン家のフランケン家系を創設したのであった。14世紀中頃からこの家門はホーエンツォレルン家を名乗った。

後継者編集

ゾフィアとの結婚からは、2人の息子が誕生した。

関連項目編集

参考文献編集

  • M. Spindler, A. Kraus: Geschichte Frankens bis zum Ausgang des 18. Jahrhunderts, München 1997. ISBN 3-406-39451-5

外部リンク編集