フレデリック・ボック

フレデリック・カール・ボックFrederick Carl Bock , 1918年1月18日 - 2000年8月25日)は、アメリカ合衆国空軍の軍人。最終階級は少佐長崎市原子爆弾を投下した作戦において観測機B-29グレート・アーティストを操縦した。

フレデリック・ボック
Frederick Carl Bock
生誕 1918年1月18日
ミシガン州 グリーンビル
死没 (2000-08-25) 2000年8月25日(82歳没)
所属組織 アメリカ陸軍航空軍
Seal of the United States Department of the Air Force.svgアメリカ空軍
最終階級 空軍少佐
テンプレートを表示

ミシガン州グリーンビル生まれ。1939年シカゴ大学を卒業した後、哲学を専攻するために大学院に入った。その後、陸軍航空隊に入隊しパイロットとなった。1944年12月に第509混成部隊に配属となった。

長崎市への原子爆弾投下作戦においては、観測機を操縦することとなったが[1]、爆弾投下機を操縦することとなったチャールズ・スウィーニー少佐の通常の搭乗機であるB-29グレート・アーティストにすでに観測機材が取り付けられていたため、搭乗機を交換する形で、ボックがグレート・アーティストに搭乗し、ボックの名前から名付けられたB-29ボックスカーが原爆投下機として使用される事となった。

原爆投下作戦の成功により空軍殊勲十字章(Distinguished Flying Cross ) 、航空勲章Air Medal )を受章。少佐に昇進した。

除隊後はシカゴ大学に戻り、遺伝学数理統計学の博士号を取得した。

長崎市への原子爆弾投下作戦時に、グレート・アーティストに同乗したニューヨーク・タイムズ誌の記者ウィリアム・ローレンスからは、「無造作で落ち着き払っていた」と評されている。

参考文献編集

  • チャールズ・W・スウィーニー 黒田剛訳 『私はヒロシマ、ナガサキに原爆を投下した』 原書房 2000年7月 ISBN 4-562-03218-9

脚注編集

  1. ^ スウィーニー少佐の回想によると、スウィーニーが2回目の原子爆弾投下作戦のパイロットに指名された際に、観測機のパイロットにはボック大尉が良いと推薦したとしている。チャールズ・W・スウィーニー 黒田剛訳『私はヒロシマ、ナガサキに原爆を投下した』 原書房 2000年7月 221頁

関連項目編集