ブライアン・ケリーBryan Jesus Kelly1981年8月20日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーバージニア州バーク出身。現在はアメリカ合衆国のプロレス団体WWE傘下のFCWにてバイロン・サクストンByron Saxton)のリングネームで所属。

ブライアン・ケリー
Byron Saxton - WWE Hall of Fame ceremony, 2018 (40695875645) (cropped).jpg
プロフィール
リングネーム バイロン・サクストン
マイケル・ケイド
ブライアン・ケリー
本名 ブライアン・ジーザス・ケリー
身長 188cm
体重 100kg
誕生日 (1981-08-20) 1981年8月20日(38歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州の旗 バージニア州バーク
所属 WWE
デビュー 2003年
テンプレートを表示

来歴編集

プロレスラーになる前はテレビ局で副プロデューサー、リポーターなどをしていた。

2007年WWEとディペロップメント契約。傘下団体のFCWでデビュー。2008年にリングネームを現在使われているバイロン・サクストンに変更。ブラック・ペインステュー・サンダースのマネージャーになるなど主にアシスタント役となっていた。

2009年ジム・ロスが病気で自宅療養に入ったため代理として、ECWの解説を務めていたマット・ストライカーがスマックダウンの解説を担当することになったため、サクストンがECWの解説者となりジョシュ・マシューズとコンビを組んだ。

2010年2月に番組終了が発表され、同月16日の収録をもって終了となったためFCWに戻る。12月、NXTのシーズン4にルーキーとして参加。プロはクリス・マスターズ。1月4日のNXTにおいて勝利すれば好きなルーキーと自分のルーキーを交換できるランブル戦が行われドルフ・ジグラーが勝利、サクストンを選んだためジグラーのルーキーとなったが、第4位の成績に終わる。2011年3月、NXTシーズン5に今までNXTに参加し、脱落したレスラーたちが再びNXTの頂点を目指すという名目で参戦することが決定。ヨシ・タツをプロに迎えて挑んだが、2人目の脱落者となった。

2012年、NXTがFCWと統合し、新生NXTへと移行。ロスターから外れ解説者兼クリエイティブ・アシスタントとして活動している。

2015年1月、SmackDown!の解説者になった[1]

得意技編集

  • ザ・リコメンデーション
フィニッシャーとして使用。ハーフネルソンからのシットアウト・STO

獲得タイトル編集

  • SCWサウスウエスト・タッグ王座:1回
w / クリス・ネルソン
  • USCW世界ヘビー級王座 : 1回

入場曲編集

  • A Good Buzz

外部リンク編集

脚注編集