ブランケンバッハ

ドイツ連邦共和国バイエルン州アシャッフェンブルク郡の町村
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen von Blankenbach (Unterfranken).svg Locator map AB in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: ウンターフランケン行政管区
郡: アシャッフェンブルク郡
市町村連合体: シェルクリッペン行政共同体
緯度経度: 北緯50度03分51秒 東経09度14分05秒 / 北緯50.06417度 東経9.23472度 / 50.06417; 9.23472座標: 北緯50度03分51秒 東経09度14分05秒 / 北緯50.06417度 東経9.23472度 / 50.06417; 9.23472
標高: 海抜 190 m
面積: 3.96 km2
人口:

1,526人(2020年12月31日現在) [1]

人口密度: 385 人/km2
郵便番号: 63825
市外局番: 06024
ナンバープレート: AB, ALZ
自治体コード:

09 6 71 113

行政庁舎の住所: Untere Au 16
63825 Blankenbach
ウェブサイト: www.gemeinde-blankenbach.de
首長: マティアス・ミュラー (Matthias Müller)
郡内の位置
Blankenbach in AB.svg
地図

ブランケンバッハ (ドイツ語: Blankenbach) は、ドイツ連邦共和国バイエルン州ウンターフランケン行政管区アシャッフェンブルク郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)であり、シェルクリッペン行政共同体の一員である。

地理編集

 
ブランケンバッハの地区図および土地利用図。ピンクが住宅地および商工業地、淡緑色が緑地および農耕地、緑が森林である。

位置編集

ブランケンバッハは、アシャッフェンブルクおよびアルツェナウから約 17 km の距離にある。クラインカールクロムバッハシェルクリッペンゾンマーカールヴェステルングルントヴィーゼンとともにシェルクリッペン行政共同体を形成している。ブランケンバッハ町内でクロムバッハ川とブランケンバッハ川がカール川に合流する。

自治体の構成編集

この町は 2つの管区 (Gemarkung) からなる。管区は地区 (Ortsteil) と一致している。

管区、地区 人口[2] 面積 (ha)
グロースブランケンバッハ Großblankenbach 618 165
クラインブランケンバッハ Kleinblankenbach 898 230
ブランケンバッハ町 合計 1,516 395

管区=地区は、3つの集落 (Ort) に分けられる[3]

集落 高度(海抜 m) 管区=地区
エルレンバッハ Erlenbach 200 クラインブランケンバッハ
グロースブランケンバッハ Großblankenbach 220 グロースブランケンバッハ
クラインブランケンバッハ Kleinblankenbach 200 クラインブランケンバッハ

隣接する町村編集

ブランケンバッハは、北はクロムバッハ、北東はシェルクリッペン、東はゾンマーカール、南東はザイラウフ、南はヘスバッハ、西はメムブリス(以上、いずれもアシャッフェンブルク郡)と境を接している。

地名編集

語源編集

ブランケンバッハという地名は、クラインブランケンバッハでカール川に合流する同名の小川ブランケンバッハ川に由来する[4]。カールグルント方言では、この町は「ブロアングゲミヒ」(Bloanggemich) と呼ばれる。

歴史編集

グロースブランケンバッハとクラインブランケンバッハは、1862年7月1日に創設されたベツィルクスアムト・アルツェナウに属した。1939年からこのベツィルクスアムトはアルツェナウ・イン・ウンターフランケン郡に改組された。

カール川の右岸と左岸で分かれていたグロースブランケンバッハとクラインブランケンバッハは、1966年1月20日にエルレンバッハ村を併せて統合され、自治体ブランケンバッハが成立した[5]。かつては、グロースブランケンバッハはシェーンボルン伯領ドイツ語版英語版に属し、クラインブランケンバッハはマインツ選帝侯領の一部であった。

アルツェナウ・イン・ウンターフランケン郡の廃止に伴い、ブランケンバッハは1972年7月1日に新たに創設されたアシャッフェンブルク郡に編入された。

行政編集

議会編集

ブランケンバッハの町議会は、12議席(首長を除く)からなる[6]

紋章編集

図柄: 赤地。銀の波帯で上下二分割。上部には 6本スポークの銀の輪。下部には青い冠を被った双尾の金の獅子。獅子は三連の鋸歯図形に載っている。

紋章の歴史: ブランケンバッハは、1966年にそれまでカール川の右岸と左岸にあって独立した町村であったグロースブランケンバッハとクラインブランケンバッハが合併して成立した。紋章では銀の波帯によって、カール川が両地区を分離していることを象徴している。この川は19世紀になるまで、2つの勢力範囲の境界であった。グロースブランケンバッハはシェーンボルン伯領に属しており、シェーンボルン家の紋章から採られた獅子がこれを示している。この伯家はヴュルツブルク大司教区ドイツ語版英語版に属す町村を治めており、ヴュルツブルクの紋章から採られた鋸歯図形(フレンキシェ・レーヒェン)がこれを表している。6本スポークの銀の輪(マインツの輪ドイツ語版英語版)はクラインブランケンバッハを治めたマインツ選帝侯を表している。この紋章によって、この町をかつて治めた領邦勢力が概観できる。

この紋章は1967年5月から用いられている[7]

文化と見所編集

 
聖キリアンおよび聖ボニファティウス教会

スポーツクラブとスポーツ施設編集

TV 1926 ブランケンバッハは、ブランケンバッハの町で最大のスポーツクラブである。バレーボールサッカー体操、成人向けフィットネスの部門に 700人以上の会員を擁している。

テニスクラブ・ブランケンバッハは 3面のテニスコートを有している。

名物料理・食材編集

ブランケンバッハのワイナリーシードルは、カールグルントのみならず全国に知られており、長い伝統を有している。

ニックネーム編集

あるクラインブランケンバッハの住民が、森の土地所有に関する偽証罪によって罰せられた。彼は休むことなく今もその土地の周りを歩き回り、「ヘー、ヘー、ホップ」という呼び声で人々を脅かしている。近隣の集落の人々はこの伝承に基づいて、ブランケンバッハ住民を「ヘーメンヒェン」(「ヘー野郎」)という渾名でからかう[8]

経済と社会資本編集

1900年以後にカールグルント鉄道沿いに設けられた石灰窯は、ゾンマーカールやアイヒェンベルク(ザイラウフ)の石灰岩採石場から索道によって原料を運んでいた。

引用編集

  1. ^ Genesis Online-Datenbank des Bayerischen Landesamtes für Statistik Tabelle 12411-001 Fortschreibung des Bevölkerungsstandes: Gemeinden, Stichtage (letzten 6)
  2. ^ 2015年7月23日現在VG Schallkrippen - Gemeinde Blankenbach - Zahlen & Fakten - Einwohner(2015年11月7日 閲覧)
  3. ^ Bayerische Landesbibliothek Online - Blankenbach(2015年11月7日 閲覧)
  4. ^ Wolf-Armin Frhr. v. Reitzenstein: Lexikon fränkischer Ortsnamen. Herkunft und Bedeutung. C.H.Beck, München 2009, ISBN 978-3-406-59131-0, S. 40.
  5. ^ Wilhelm Volkert (Hrsg.): Handbuch der bayerischen Ämter, Gemeinden und Gerichte 1799–1980. C.H.Beck’sche Verlagsbuchhandlung, München 1983, ISBN 3-406-09669-7. Seite 418
  6. ^ バイエルン州統計局: 2014年3月16日のアシャッフェン郡に属す市町村の市町村議会議員選挙結果(2015年11月7日 閲覧)
  7. ^ Bayerns Gemeinden - Gemeinde Blankenbach(2015年11月7日 閲覧)
  8. ^ Primasonntag 11. November 2012

外部リンク編集