ブリャチスラフ・ヴァシリコヴィチ (ポロツク公)

ブリャチスラフ・ヴァシリコヴィチベラルーシ語: Брачыслаў Васількавічаў、? - 1241年以降)は、リューリク朝出身者としては最後のポロツク公と考えられる人物である。ヴィテプスク公:1221年頃 - 1232年頃、ポロツク公:1232年 - 1241年以降。

ブリャチスラフ・ヴァシリコヴィチ
Брачыслаў Васількавічаў
ヴィテプスク公
ポロツク公
在位 ヴィテプスク公:1221年頃 - 1232年頃
ポロツク公1232年 - 1241年以降

死去 1241年以降
子女 アレクサンドラ
娘(タウトヴィラスの妻)
イジャスラフ
ヴァシリコ
家名 リューリク家
父親 ヴィテプスク公ヴァシリコ・ブリャチスラヴィチ
母親 スモレンスク公ダヴィド・ロスチスラヴィチの娘
テンプレートを表示

経歴編集

ブリャチスラフについて知られていることは非常に少ない。どうやらポロツク公国ヴィテプスク公家出身であり、おそらく父はヴィテプスク公ヴァシリコ・ブリャチスラヴィチ、母はスモレンスク公ダヴィド・ロスチスラヴィチの娘である。

1221年頃、父の後を継いでヴィテプスク公となり、1232年にはポロツク公となった。1239年のルーシの年代記には、ブリャチスラフの娘・アレクサンドラがアレクサンドル・ネフスキーと結婚した際に、ブリャチスラフの父称についての言及がある。

死亡した年は不明である。

妻子編集

妻の名は不明である。また子供についての史料は矛盾する箇所が多く、正確な情報が知られるのは娘のアレクサンドラのみである。ブリャチスラフの子といわれるのは以下の人物である。

参考文献編集