ブリンズリー・バトラー (初代レインズバラ子爵)

初代レインズバラ子爵ブリンズリー・バトラー英語: Brinsley Butler, 1st Viscount Lanesborough PC (Ire)、1670年頃 – 1736年3月6日)は、アイルランド貴族

生涯編集

フランシス・バトラー(Francis Butler、1702年没)とジュディス・ジョーンズ(Judith Jones、セオフィラス・ジョーンズの娘)の息子としてダブリンで生まれ、1686年9月27日にダブリン大学トリニティ・カレッジに入学した[1]

1703年から1713年までケルズ選挙区英語版の代表として、1713年から1724年までベルターベット選挙区英語版の代表としてアイルランド庶民院議員を務め、1711年にはアイルランド黒杖官を務めた[1]。1724年3月11日に兄セオフィラスが死去すると、ニュータウン=バトラー男爵の爵位を継承、1725年9月7日にアイルランド貴族院議員に就任した[1]。1726年5月にアイルランド枢密院英語版の枢密顧問官に任命され、1728年8月12日にアイルランド貴族であるロングフォード県におけるレインズバラ子爵に叙された[1]

1718年にLL.D.の学位を授与された[1]

1736年3月6日にダブリンで死去、7日に同地で埋葬された[1]。息子ハンフリーが爵位を継承した[1]

家族編集

1700年頃、キャサリン・プーリー(Catherine Pooley、1676年11月10日洗礼 – 1759年12月13日、ネヴィル・プーリーの娘)と結婚した[1]。2人は23人の子女をもうけた[1]

  • ハンフリー(1700年頃 – 1768年) - 第2代レインズバラ子爵、後に初代レインズバラ伯爵に叙爵

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i Cokayne, George Edward; Doubleday, Herbert Arthur; Howard de Walden, Thomas, eds. (1929). The Complete Peerage, or a history of the House of lords and all its members from the earliest times, volume VII: Husee to Lincolnshire (英語). 7 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press. p. 424.
アイルランド議会
先代:
チャールズ・メレディス
サー・トマス・テイラー準男爵
庶民院議員(ケルズ選挙区英語版選出)
1703年 – 1713年
同職:チャールズ・メレディス 1703年 – 1710年
ヘンリー・メレディス 1710年 – 1713年
次代:
サー・トマス・テイラー準男爵
サー・トマス・テイラー準男爵
先代:
リチャード・タイ
サー・トマス・テイラー準男爵
庶民院議員(ベルターベット選挙区英語版選出)
1713年 – 1724年
同職:セオフィラス・バトラー 1713年 – 1715年
チャールズ・デラフェイ英語版 1715年 – 1724年
次代:
チャールズ・デラフェイ英語版
ハンフリー・バトラー
アイルランドの爵位
爵位創設 レインズバラ子爵
1728年 – 1736年
次代:
ハンフリー・バトラー
先代:
セオフィラス・バトラー
ニュータウン=バトラー男爵
1724年 – 1736年