ブルックリン・アトランティックス

ブルックリン・アトランティックス(1865年)

ブルックリン・アトランティックスBrooklyn Atlantics)は、1872年から1875年まで、ブルックリン(ニューヨーク市)を本拠地とし、ナショナル・アソシエーションに所属していたプロ野球チーム。

目次

球団史編集

1855年に『アトランティック・ベース・ボール・クラブ』として球団は創設され、プロ野球リーグ誕生以前の『全米野球選手協会 (National Association of Base Ball Players)』の創設以来のメンバーとして1857年から加盟して活動していた。1859年の大会では11勝1敗の成績で優勝、1861年にも協会のチャンピオンシップを獲得した[1]。以後、1860年代はニューヨークや他のライバルチーム(エックフォード・クラブ(ブルックリン)フィラデルフィア・アスレチックス(現在のオークランド・アスレチックスとは別チーム)、ミューチュアル・クラブ)としのぎを削り、1866年まで36連勝を記録したこともある。

また1870年6月14日に、1867年から数えて92連勝中だったシンシナティ・レッドストッキングスに延長11回で8-7で勝利、レッドストッキングスの3年越しの連勝をストップしたチームとしても有名になった。チームはその当時ジョー・スタートリップ・パイクジョージ・ゼットレインといった実力のある選手を抱え、ほぼプロ化された球団となっていたが、1871年のプロ野球リーグ創設にあたって、アトランティックスは初年度の参加を辞退、プロ契約の選手達を他のクラブに放出してしまった。

1872年に、アトランティックスはナショナル・アソシエーションに加盟するが、前年の主力選手放出の痛手から回復できず、1875年までの4シーズンを大きく負け越して終わる。ナショナル・アソシエーションはこの年限りで解散し、1876年にナショナルリーグが創設されるが、アトランティックスには加盟の要請はなく、リーグに参加しない独立のチームとしてしばらく活動していた。1882年に新たに創設されるアメリカン・アソシエーションからリーグ加盟を誘われたもののチームは参加条件を満たせなかったといい、少なくとも1881年まで球団は存続していたと考えられる。

戦績編集

※1871年から1875年の戦績。順位は勝利数による。

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1872年 NA 37 9 28 .243 6位 ボブ・ファーガソン Capitoline Grounds
1873年 55 17 37 .315 6位 ボブ・ファーガソン Union Grounds (Brooklyn)
1874年 56 22 33 .400 6位 ボブ・ファーガソン
1875年 44 2 42 .045 12位 チャーリー・ペイバー
ビル・ボイド

所属した主な選手編集

主な球団記録編集

  • 通算安打数:169(ボブ・ファーガソン)
  • 通算打点数:63(ボブ・ファーガソン)
  • 通算勝利数:26(ジム・ブリット)

脚注編集

  1. ^ 資料によると、1861年のブルックリン・エクセルシオールとのチャンピオンシップの試合は、試合中にアトランティックスのファンが暴徒化して続行できず、抽選で決定されたという。

出典・外部リンク編集