ブロモジフルオロメタン

ブロモジフルオロメタン(Bromodifluoromethane)は、またはハロン1201FC-22B1は、3つの置換基がハロゲンに置き換わった気体状のメタン誘導体である。

ブロモジフルオロメタン
識別情報
CAS登録番号 1511-62-2
PubChem 62407
ChemSpider 56193 チェック
EC番号 216-149-1
特性
化学式 CHBrF2
モル質量 130.92 g/mol
外観 Gas
密度 1.55 g/cm3 at 16 °C
融点

-145 °C (128 K)

沸点

-14.6 °C (258.6 K)

への溶解度 Insoluble
溶解度 アルコール, ジエチルエーテル
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

400℃から600℃での水素とジブロモジフルオロメタンの反応によって得ることができる[1]

臨界温度は138.83℃、臨界圧力は5.2MPa、臨界密度は0.275dm3/molである。

ブロモジフルオロメタンは、かつて冷媒消火器として利用されていた。オゾン層破壊物質としては、クラス1に指定されており、 オゾン破壊係数は0.74である。2000年のオゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書で禁止されている。

出典編集

  1. ^ Method for the production of bromodifluoromethane

外部リンク編集

  • Ogata T, Kuwano S, Oe S (September 1997). “Microwave Spectrum, Nuclear Quadrupole Coupling Constants, and Structure of Bromodifluoromethane”. J Mol Spectrosc 185 (1): 147–52. PMID 9344805. 
  • Cox R.A., Simmons R.F. (1971). “The kinetics of the gas-phase thermal decomposition of bromodifluoromethane”. J. Chem. Soc. B: 1625–31. doi:10.1039/J29710001625. http://www.rsc.org/publishing/journals/article.asp?doi=j29710001625. 
  • Plyler E.K., Acquista N. (January 1952). “Infrared Absorption Spectra of Five Halomethanes” (PDF). Journal of Research of the National Bureau of Standards 48 (1): 92–7. Research Paper 2290. http://nvl.nist.gov/pub/nistpubs/jres/048/1/V48.N01.A12.pdf.