メインメニューを開く

プジェウエ=コルドン・カウジェ火山群

プジェウエ=コルドン・カウジェ火山群は、プジェウエ(Puyehue)とコルドン・カウジェ(Cordón Caulle)から成るチリの南部にある火山群である。標高は2236m(プジェウエ山)。

プジェウエ=コルドン・カウジェ
Puyehue Lake with Puyehue volcano in the background.jpg
噴火前のプジェウエ山
標高 2,236 m
所在地  チリ
位置 南緯40度35分25秒 西経72度07分02秒 / 南緯40.59028度 西経72.11722度 / -40.59028; -72.11722座標: 南緯40度35分25秒 西経72度07分02秒 / 南緯40.59028度 西経72.11722度 / -40.59028; -72.11722
山系 アンデス山脈
種類 複合火山
最新噴火 2011年-2012年
プジェウエ山の位置(チリ内)
プジェウエ山
プジェウエ山
プジェウエ山の位置(南アメリカ内)
プジェウエ山
プジェウエ山
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

概要編集

チリの南部にある火山群で、最近の噴火は2011年から2012年まで続いた噴火である。その前の噴火は51年前の1960年5月24日に起きていて、世界最大のモーメントマグニチュード(Mw)9.5を観測した地震、チリ地震のわずか38時間後である。このときの火山爆発指数(VEI)は3だった。

2011年の噴火編集

噴火前、プジェウエ山の地下のマグマの上昇が観測されたとチリの地質調査所が発表。政府は、近隣住民約3000人に避難勧告を出した。避難の際には軍が派遣された[1]

地質調査所の発表から約1カ月後の6月4日、プジェウエ山は約半世紀の眠りから目覚め噴火、火山灰を上空10,000mまで大量に噴き上げた。火山雷も観測し、翌5日には、火山灰が隣国であるアルゼンチンの首都・ブエノスアイレスで観測された。この噴火により、アルゼンチン南部にある複数の空港が閉鎖となり、オーストラリアではアルゼンチンへ向かう便が欠航になるなどの影響が出た[2][3]。6月16日には火山灰が地球一周したと発表、火山灰はチリ本土から西に3500km離れたイースター島のラパ・ヌイで観測された[4]

最終的には4270人が避難して、2週間にわたる避難生活を強いられた[1]


ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ a b (5) 航空路に影響を与えた事例(2011年 プジェウエ・コルドン・カウジェ火山群噴火・チリ) (PDF)”. 資料2 「広域的な火山防災対策に係る検討会」(第1回)【大規模火山災害とは】. 内閣府. p. 11 (2012年8月3日). 2012年8月12日閲覧。
  2. ^ “チリのプジェウエ火山の噴火、南米の空の便に影響”. AFPBB News. (2011年6月8日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2804811/7314105 2012年8月12日閲覧。 
  3. ^ 日本アイラック危機管理情報「チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、ニュージーランド、オーストラリア南部:チリの「プジェウエ火山」噴火に伴う火山灰の影響」”. 京都大学大学院機械工学科機械理工学専攻 (2011年6月15日). 2015年12月19日閲覧。
  4. ^ “チリ火山の灰、12日間で地球1周”. AFPBB News. (2011年6月16日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2806702/7355779 2012年8月12日閲覧。 

参考文献編集

関連書籍編集

  • 中村一明 「46. チリのプジェウエ火山 (7-15) の山腹割れ目噴火の一解釈(日本火山学会 1973年度春季大会講演要旨)(PDF)」、『火山』 第2集、特定非営利活動法人日本火山学会、1973年8月1日、第18巻第2号、p. 116。NAID 110002996667 

外部リンク編集