メインメニューを開く

プスコフ建築派の聖堂群

ウィキメディアの一覧記事

プスコフ建築派の聖堂群(プスコフけんちくはのせいどうぐん)は、ロシア北西部のヴェリーカヤ川のほとりにあるプスコフに点在する、12世紀から15世紀に建造されたプスコフ建築派の教会、聖堂、修道院、要塞塔、行政施設で構成されたロシアの世界遺産である。

世界遺産 プスコフ建築派の聖堂群
ロシア
至聖三者大聖堂内部
至聖三者大聖堂内部
英名 Churches of the Pskov School of Architecture
仏名 Églises de l’école d’architecture de Pskov
面積 29.32 ha
(緩衝地帯 625.6 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (4)
登録年 2019年(第43回世界遺産委員会
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
プスコフ建築派の聖堂群の位置(ロシア内)
プスコフ建築派の聖堂群
使用方法表示

概要編集

プスコフ建築派の聖堂群は、立方体形状・ドーム・張り出し屋根付きの玄関、鐘楼を特徴とし、最も古いものは12世紀に遡る。教会と聖堂は庭園、外壁、フェンスを通じて自然環境と一体となっている。ビザンツ様式ノヴゴロドの伝統に影響されたプスコフ建築派は15世紀と16世紀に最盛期を迎え、ロシアでも最先端の建築様式として以後5世紀に渡りロシアの建築様式の発展に影響を与えた。

登録物件編集

登録名 英名 建造時期
Complex of fortress buildings of the Outer Town: Gremyachaya Tower 16世紀
Complex of fortress buildings of the Outer Town: Pokrovskaya (Intercession) Tower 15世紀
Church of Theophany with a belfry 1489
Church of Kozma and Damian s Primostya (near the bridge) remains of the belfry, gate, fence 15-17世紀
クレムリ複合体:至聖三者大聖堂 Ensemble of the Kremlin: the Trinity Cathedral with a bell-tower 17世紀、1830
Ensemble of the Kremlin: the Administrative Chamber 17世紀
Church of Peter and Paul s Buya (at the burial place) 16世紀
Church of the Archangel Michael with a bell tower 14世紀
Church Niloly so Usokhi (St. Nichalas from the dry place) 16世紀
Church Vasiliya na gorke (St, Basil the Great on the hill) 15世紀
Church Georgiya so Vzvoza (St, George near the rive descent) 1494
Pogankin Chambers 17世紀
Church of Old Ascension 15世紀
Church of Pokrova (Intercession) ot Proloma (at the breach in the wall) 15-16世紀
Ensemble of the Spaso-Mirozhsky Monastery: the Transfiguration Cathedral 12世紀
Church of Dormition s Paromenya (near the ferry) with a belfry 1521
The cathedral of Ioann Predtecha (John the Precursor) of the Manovsky Monastery 1240

登録基準編集

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。