プスワン(普速完、またはプスヤンプスカとも)は、西遼称制。第2代皇帝の仁宗耶律夷列(イリ)の妹にあたる。

耶律普速完
西遼称制

称号 承天太后
身位 公主
出生 不詳
死去 崇福14年(1177年
クズオルド
配偶者 蕭朶魯不
父親 徳宗
母親 感天蕭太后
テンプレートを表示

生涯編集

紹興13年(1163年)、兄の仁宗が若くして崩御した時は、その次男の耶律直魯古(チルク)がまだ幼かったため、遺詔によって称制となり、甥の耶律直魯古を補佐した。

夫の蕭朶魯不の弟の蕭朴古只沙里と姦通し、蕭朶魯不を東平王として左遷した上で暗殺した。しかし、子が殺害されたと知った蕭朶魯不の父の蕭斡里剌は、崇福14年(1177年)に兵を率いて宮殿を取り囲み、プスワンと蕭朴古只沙里を射殺した。

年号編集

参考文献編集