プラターパ・マッラ

プラターパ・マッラ(Pratapa Malla, 1624年 - 1674年)は、ネパールカトマンズ・マッラ朝の君主(在位:1641年 - 1674年)。

プラターパ・マッラ
プラターパ・マッラとその妃の像

生涯編集

1641年、軟弱な性格の父ラクシュミーナラシンハ・マッラを退位させて即位した。

その治世、領土は拡大し、経済は繁栄、文化も発展するなどカトマンズは栄えた。また、有能な摂政ビーマ・マッラが彼を支え、チベットの交易を強化した。

1674年、プラターパ・マッラは死亡した。ヌリペーンドラ・マッラパールティヴェーンドラ・マッラマヒーパテーンドラ・マッラの三王子、バークトゥ・マッラマーンダーターシンハ・マッラの二庶子がいたが、三王子で年長のヌリペーンドラが即位した。

参考文献編集

  • 佐伯和彦 『ネパール全史』 明石書店、2003年。 

関連項目編集