プラネット (ソフトウェア)

ブログの投稿を時系列順に表示するソフトウェア

オンラインのメディアで言う「プラネット」とはフィードリーダーのこと。特定の仮想共同体の参加者のブログから投稿を集め、1つのページに表示する機能である。プラネットはwebサーバ上で運用されている。投稿は時系列順に、最新のものが最上部に表示される。

Planet
プラネット
最新版 2.0 / 2006年7月26日(14年前) (2006-07-26
リポジトリ www.gnome.org/~jdub/bzr/planet/devel/trunk/
プログラミング言語 Python
種別 フィードリーダー
ライセンス Pythonライセンス
公式サイト http://www.planetplanet.org
テンプレートを表示

概要編集

プラネットは著者のジェフ・ウォー(en)とスコット・ジェームズ・レムナント(en)がPythonを使って書き、後継のサービスがいくつかある。英語版にはヴィーナス(サム・ルビー作・英語版)、プルート(hackNY作・英語版)などに加えて同名で別件のジェラルド・バウアー作Plutoのほか、最近はMoonmoonがある。

プラネットはフリーソフトウェアPythonライセンス英語版下で公開している[1]

設計編集

フィード処理AtomRSSRDF形式にマーク・ピルグリム(en)作フィードリーダー(Universal Feed Parser)を充て、またトーマス・スタイブ作htmltmplテンプレートエンジンを使用して静的ファイルの出力フォーマットは任意で選べる。

まとめサイトもプラネット編集

複数のブログからプラネットまたは類似のソフトウェアを利用して投稿を集計するウェブサイトも「プラネット」と呼ばれ、無料でオープンソースのソフトウェアFLOSSのプロジェクトと関連付けされることが多い。プロジェクトに参加するさまざまな開発者の投稿を集めるために使われる。ウィキペディア財団は2018年上旬までブログ集Planet Wikipediaの発行にプラネットを用いている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Planet 2.0ライセンス情報”. 2018年6月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集