プロイセンの首相

プロイセンの首相(プロイセンのしゅしょう、ドイツ語: preußischen Ministerpräsidenten)は、1848年3月革命から1945年第二次世界大戦の終わりまで存在したプロイセン王国首相に相当する官職。

プロイセン首相
preußischen Ministerpräsidenten
Coat of arms of Prussia.svg
官邸ベルリン
任命プロイセン国王
(1848-1918)
プロイセン議会
(1918-1933)
創設1848年3月19日
初代アドルフ・ハインリヒ・フォン・アルニム=ボイツェンブルク ドイツ語版
最後ヘルマン・ゲーリング
廃止1945年4月23日(ゲーリングの解任)

後にドイツ帝国の盟主となるプロイセンでは、帝国宰相を兼任する者もいた。

リスト編集