プールナ・シャハ

プールナ・シャハ(Purna Shah, 生年不詳 - 1605年)は、ネパールゴルカ王国の第2代君主(在位:1570年 - 1605年)。初代君主ドラヴィヤ・シャハの息子。

生涯編集

1570年、父王ドラヴィヤ・シャハが死亡したことにより、王位を継承した[1]

ゴルカ王統譜や書奥付文にはプールナの名が伝えられているが、実在を確認できる根本史料はない、と佐伯和彦は述べている[2]

1605年、プールナ・シャハは死亡し、息子のチャトラ・シャハが王位を継承した[1]

脚注編集

  1. ^ a b Nepal 2
  2. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.486

参考文献編集

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年。 

関連項目編集