ヘンリエッテ・フォン・オスターハウゼン

クリスティーネ・エトムンダ・ヘンリエッテ・フォン・オスターハウゼンChristine Edmunda Henriette von Osterhausen, ? - 1727年11月6日)は、ポーランドザクセンの統治者アウグスト強王の妾の1人。

クリスティーネ・エトムンダ・ヘンリエッテ・フォン・オスターハウゼン
Christine Edmunda Henriette von Osterhausen
Henriette von Osterhausen.jpeg

死去 1727年11月6日
ドレスデン
配偶者 アルブレヒト・ジークムント・フォン・ゼーグート=スタニスワフスキ
家名 オスターハウゼン家
テンプレートを表示

生涯編集

ザクセン選帝侯領及びテューリンゲン地方に所領を持つ貴族オスターハウゼン家ドイツ語版出身。初め、アウグスト強王の義理の娘のザクセン選帝侯世子夫人マリア・ヨーゼファに侍女として仕えた。1720年、王の当時の妾エルトムーテ・ゾフィー・フォン・ディースカウが退けられた直後に王の新しい妾に選ばれた。

1722年、ヘンリエッテがハレにて福音派教会から国王・選帝侯一家と同じカトリック教会に改宗したことはザクセンで大きな宗教問題に発展し、王の側近のイエズス会士フランツ・ゼバスティアン・ノンハルトドイツ語版ドレスデン聖十字架教会大執事ヘルマン・ヨアヒム・ハーンドイツ語版の間での激しい宗教論争を引き起こした[1]。それからまもなく王との関係が終わると、女主人のマリア・ヨーゼファから修道院入りを勧められるが、受け入れ先のプラハのウルスラ会女子修道院を数か月で退去している。

1724年2月22日、ザクセンの軍人・宮廷財務官アルブレヒト・ジークムント・フォン・ゼーグート=スタニスワフスキと結婚。夫はアウグスト強王の認知されていない庶子の1人と見なされていた。ヘンリエッテは結婚して3年後に死去した。

参考文献編集

  • von Weber K., Archiv für die sächsische Geschichte, Wydawnictwo Bernharda Tauchnitza, t. 10, Lipsk 1872, ss. 218-222.

引用編集

  1. ^ Volltext in der Digitalen Bibliothek der Universität Halle