ヘンリー・チャータリス (第13代クロフォード伯爵)

第13代クロフォード伯爵ヘンリー・チャータリス英語: Henry Charteris, 13th Earl of Crawford、出生名ヘンリー・リンジーHenry Lindsay)、1557年以降 – 1623年)は、スコットランド貴族

生涯編集

第10代クロフォード伯爵デイヴィッド・リンジーとマーガレット・ビートン(Margaret Beaton、1574年以降没、デイヴィッド・ビートン英語版の娘)の息子として生まれた[1]

1584年9月25日の認可状によりジョン・チャータリス(John Charteris)の養子になり、姓をチャータリス(Charteris)に改めた後、1587年9月20日にスコットランド王国議会英語版が認可状を批准した[1]。ただし、子女はリンジー姓を名乗った[2]

スコットランド王妃アン・オブ・デンマークの家政長官(Master of the Household)を務めた[1]

1623年にフィンヘイヴン城英語版で死去、同地の教会に埋葬された[1]。次男ジョージが爵位を継承した[1]

家族編集

1586年7月26日までにヘレン・チザム(Helen Chisholm、ジェイムズ・チザムの娘)と結婚[1]、2男1女をもうけた[2]

  • ジョン(1615年没) - 1607年12月8日以降、ジーン・アバーネシー(Jean Abernethy第7代ソルトーン卿ジョージ・アバーネシーの娘)と結婚、2女をもうけた
  • ジョージ(1633年没) - 第14代クロフォード伯爵
  • マーガレット - 1620年1月以降、アンドルー・グレイ(Andrew Gray)と結婚

1599年12月2日にマーガレット・ショー(Margaret Shaw、1644年10月2日以降没、サー・ジェイムズ・ショーの娘)と再婚[1]、3男3女をもうけた[2]

  • アレグザンダー(1639年没) - 第15代クロフォード伯爵
  • ヘンリー(1641年10月2日以前没) - 生涯未婚
  • ルドヴィック(1652年没) - 第16代クロフォード伯爵
  • ヘレン(1641年10月2日以前没)
  • キャサリン(1641年10月2日以前没)
  • エリザベス(1631年7月23日以降没)

出典編集

  1. ^ a b c d e f g Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1913). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Canonteign to Cutts) (英語). 3 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 516–518.
  2. ^ a b c "Crawford, Earl of (S, 1398)". Cracroft's Peerage (英語). 22 March 2005. 2020年7月6日閲覧
スコットランドの爵位
先代
デイヴィッド・リンジー
クロフォード伯爵
1620年 – 1623年
次代
ジョージ・リンジー