ヘンリー・ボイル (初代シャノン伯爵)

初代シャノン伯爵ヘンリー・ボイル英語: Henry Boyle, 1st Earl of Shannon PC (Ire)1682年1764年12月28日)は、アイルランド王国の政治家。

初代シャノン伯爵の肖像画

生涯編集

ヘンリー・ボイル(初代オーラリー伯爵ロジャー・ボイルの次男)とメアリー・オブライエン(初代インチクィン伯爵マロー・オブライエン英語版の娘)の次男として生まれた[1]大同盟戦争中の1693年に父がフランドルで戦死、1705年に兄ロジャーが未婚のまま死去すると[1]キャッスルマーター英語版での領地を継承した[2]

1707年、ミドルトン選挙区英語版から出馬して庶民院議員に当選、1713年にキルマーロック選挙区英語版、1715年にコーク・カウンティ選挙区英語版に転じ、以降1756年まで同選挙区の議員を務めた。1733年にアイルランド枢密院英語版の枢密顧問官に任命され、同年にアイルランド庶民院議長英語版に選出された後、さらにアイルランド財務大臣英語版に任命された[2]。以降は絶大な影響力を誇り、アイルランド庶民院におけるホイッグ党の指導者になった[2]

1753年に政府がアイルランドの財政黒字を転用する議案を提出したとき、ボイルは議案に反対して人気を得たが、政府に反対した廉で公職を解任された[2]。政府との交渉の結果、ボイルは1756年に庶民院議長を辞任する代償として、同年4月17日、シャノン伯爵バンドンのボイル子爵キャッスルマーター男爵に叙された[1][2]。さらに2千ポンドの年金をむこう31年間受け取る権利を与えられた[2]。以降はアイルランド貴族院で活動した[2]

1764年12月28日[1]ダブリンで死去[2]、長男リチャードが爵位を継承した[1]

人物編集

イギリス首相ロバート・ウォルポールはボイルを「アイルランド庶民(院)の王」(the King of the Irish Commons)と称えたという[2]。一方、ホレス・ウォルポールは「愛国心を爵位のために売り渡した、凡庸な人物」(a more common character, he having sold his patriotism for a peerage)とこき下ろした[3]

家族編集

1715年[2]、キャサリン・クート(Catherine Coote、1725年5月5日没、チッドリー・クート(Chidley Coote)の娘)と結婚したが、2人の間に子供はいなかった[1]。1726年9月、ヘンリエッタ・ボイル(Henrietta Boyle[2]、1746年12月13日没、第3代コーク伯爵チャールズ・ボイルの末娘)と再婚、5男1女をもうけた[1]。この2度目の結婚により、コーク伯爵は財産の管理をヘンリーに委ね、ヘンリーはその価値を上げることに成功した[2]

系譜図編集

シャノン伯爵 (初代-第10代) 系譜図
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リチャード・ボイル
初代コーク伯爵
初代ダンガーヴァン子爵
(1566-1643)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロジャー・ボイル
(1606-1615)
 
リチャード・ボイル
第2代コーク伯爵
初代バーリントン伯爵
第2代ダンガーヴァン子爵
第2代ボイル・オブ・キナルミーキー子爵
(1612-1698)
 
ルイス・ボイル
初代キナルミーキーのボイル子爵
(1619-1642)
 
ロジャー・ボイル
初代オーラリー伯爵
(1621-1679)
 
フランシス・ボイル
初代シャノン子爵
(1623-1699)
 
ロバート・ボイル
(1627-1691)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロジャー・ボイル
第2代オーラリー伯爵
(1646-1682)
 
ヘンリー・ボイル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー・ボイル
初代シャノン伯爵
(1682-1764)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リチャード・ボイル
第2代シャノン伯爵
(1727-1807)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー・ボイル
第3代シャノン伯爵
(1771–1842)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リチャード・ボイル
第4代シャノン伯爵
(1809–1868)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー・ボイル
第5代シャノン伯爵
(1833–1890)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リチャード・ボイル
第6代シャノン伯爵
(1860–1906)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リチャード・ボイル
第7代シャノン伯爵
(1897–1917)
 
ロバート・ボイル
第8代シャノン伯爵
(1900–1963)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リチャード・ボイル
第9代シャノン伯爵
(1924–2013)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リチャード・ボイル
第10代シャノン伯爵
(1960-)
 

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 1819–1820.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l Gilbert, John Thomas (1886). "Boyle, Henry (1682-1764)" . In Stephen, Leslie (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 6. London: Smith, Elder & Co. pp. 110–111.
  3. ^ Walpole, Horace (1963) [1822–1845]. Hodgart, Matthew (ed.). Horace Walpole: Memoirs and Portraits (英語). New York: The Macmillan Company. p. 156. LCCN 63017297
アイルランド議会
先代
セント・ジョン・ブロドリック
ロバート・フォルク
庶民院議員(ミドルトン選挙区英語版選出)
1707年 – 1713年
同職:ロバート・フォルク
次代
アーサー・ハイド
ジェフソン・バスティード
先代
ジョン・オルムズビー
ロバート・オリヴァー
庶民院議員(キルマーロック選挙区英語版選出)
1713年 – 1715年
同職:サー・フィリップス・クート
次代
キルナー・ブレイジア
ジョージ・キング
先代
ジョン・パーシヴァル
アラン・ブロドリック英語版
庶民院議員(コーク・カウンティ選挙区英語版選出)
1715年 – 1756年
同職:セント・ジョン・ブロドリック英語版 1715年 – 1728年
サー・マシュー・ディーン準男爵 1728年 – 1747年
アーサー・ハイド 1747年 – 1756年
次代
アーサー・ハイド
ダンガーヴァン子爵
公職
先代
ラルフ・ゴア
アイルランド庶民院議長英語版
1733年 – 1756年
次代
ジョン・ポンソンビー
先代
ラルフ・ゴア
アイルランド財務大臣英語版
1733年 – 1735年
次代
マーマデューク・コギール英語版
先代
マーマデューク・コギール英語版
アイルランド財務大臣英語版
1739年 – 1754年
次代
アーサー・ヒル
先代
アーサー・ヒル
アイルランド財務大臣英語版
1755年 – 1756年
次代
アンソニー・マローン英語版
アイルランドの爵位
爵位創設 シャノン伯爵
1756年 – 1764年
次代
リチャード・ボイル