メインメニューを開く

ヘンリー・リーマン(Henry Lehman 1821年? - 1855年11月17日)は、ユダヤ-ドイツ系アメリカ人の実業家。リーマン・ブラザーズの創設者。初名はハインリヒ・レーマン(Heinrich Lehmann)。

バイエルン王国(現バイエルン州)のリンパーに生まれる。

1844年アメリカ合衆国に移住する。アラバマ州モンゴメリーにH・リーマン(H. Lehman)という商会を作る。

1847年に兄弟のエマニュエル・リーマンが移住してきたので、H・リーマン・アンド・ブラザー(H. Lehman and Bro.)に社名を変更する。1850年に兄弟のメイヤー・リーマンも移住してきたので、リーマン・ブラザーズ(Lehman Brothers)に社名を変更する。リーマン兄弟は木綿をあつかっていた。

1855年黄熱のため死去した。