ベネデット・コトルリ

ベネデット・コトルリ(コトルーリ)イタリア語Benedetto Cotrugli , クロアチア語Benedikt Kotruljević1416年ラグサ(ラグーサ;今のドゥブロヴニク), ラグサ共和国(今のクロアチア領内) - 1469年ラクイラ, イタリア)は、商人人文主義者科学者アラゴン王国外交官ナポリ王国裁判所裁判官(在任15年間)。

1458年3月17日、「商業技術の本」(Libro de l'arte de la mercatura) を執筆した。この書物は長らく出版されず、1573年に「商業と完全な商人」(Della mercantura et del mercante perfetto)の題でヴェネツィアにて出版された。この書物は「会計の父」と呼ばれるルカ・パチョーリの『スムマ』が出版される36年前に複式簿記について言及したものであったが、115年後に出版されたために世間の目に触れることは長い間なく、パチョーリが最初に複式簿記について言及した人物とされていた。コトルリは、世界で初めて複式簿記 (dupple partite) という言葉を使った点でも評価されている[1]

Della mercantura et del mercante perfetto の1475年版の写本マルタ国立図書館に所蔵されている。1484年3月17日の写本(ストロッツィ作成)はフィレンツェ国立中央図書館に所蔵されている。

出典・脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 片岡 2018, p. 88-89.

参考文献編集

  • 片岡泰彦「複式簿記起源論再考」『経済論集』第110号、2018年9月、 57-91頁、 ISSN 0287-4237NAID 1200067155982020年7月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集