メインメニューを開く

ベンクト・ベルギウス(Bengt Bergius、1723年9月2日 - 1784年10月23日)は、スウェーデン歴史家植物学者である。弟のピーター・ベルギウス(Peter Jonas Bergius)と、ストックホルムのベルギアンスカ植物園(Bergianska trädgården)の創設に貢献した。

生涯編集

ヴェステルイェートランド地方の Livereds säteriに生まれた。ルンド大学に1741年に入学し、1745年に学位を得た。1747年から1749年の間、歴史学の准教授を務めた。その後ストックホルムに移り、遺物保管所の鑑定員や銀行のマネージャーを務めた。

学生時代からスウェーデンの政治や教育の歴史に関する資料の収集を行い、膨大で貴重な文献を残した。1766年にスウェーデン王立科学アカデミーの会員に選ばれた。1791年に弟の博物学者、ピーター・ベルギウス とともに、財団(Bergianska stiftelsen)を創立し、植物学や園芸学の教育や研究のためにKarlbergsvägenに植物園を寄付した。植物園は1885年にBrunnsvikenに移されるが、現在までつづいている[1]

著書編集

  • Bengt Bergius, Jöns Lund, David Ståhl. 1753. Nytt Förråd af Äldre och Nyare Handlingar rörande Nordiska Historien: 1-4. Stycket
  • 1769. Tal, om svenska Äng-skötseln, och dess främjande genom lönande Gräs-slag

参考文献編集

  1. ^ http://www.bergianska.se/om-oss ベルギアンスカ植物園のホームページ