メインメニューを開く
ペッカ・ヒマネン(2006年)

ペッカ・ヒマネン(Pekka Himanen、1973年10月19日 - )は、フィンランド出身の哲学者である。専門は、社会哲学社会思想情報社会論倫理学及びハッカー倫理

経歴編集

1994年、20歳でヘルシンキ大学哲学科博士号を取得。大学では哲学を専攻しつつ、コンピュータサイエンスも学んでいる。博士論文は宗教哲学の分野で、バートランド・ラッセルの宗教批判を扱うフィンランド語の論文であった。ヘルシンキ大学教授を経て、現在カリフォルニア大学バークレー校客員教授。

日本語訳著書編集

外部リンク編集