メインメニューを開く

ペムブロリズマブ(Pembrolizumab、旧名:lambrolizumab)は癌免疫療法に使用されるヒト化モノクローナル抗体であり、PD-1阻害薬の一つである[1]。最初、転移を有する悪性黒色腫の治療に対する臨床試験が実施された[2][3]。商品名キイトルーダ。開発コードMK-3475。

ペンブロリズマブ?
モノクローナル抗体
種類 全長抗体
原料 ヒト化 (マウスより)
抗原 PD-1
臨床データ
胎児危険度分類
  • not for pregnant women
法的規制
  • Approved (US)
投与方法 IV
識別
CAS番号
1374853-91-4
ATCコード none
KEGG D10574  チェック
化学的データ
化学式 C6504H10004N1716O2036S46 (peptide)
分子量 146.3 kDa (peptide)

2014年9月、米国FDAはペムブロリズマブを迅速承認英語版した。米国ではBRAF英語版変異陽性の患者に対してセカンドラインとしてのイピリムマブとの併用療法、あるいはイピリムマブとBRAF阻害薬英語版投与後の治療に用いることができる[4]

2015年3月には英国でも医薬品早期アクセス制度(EAMS)に則って迅速承認され、進行悪性黒色腫に対する第一選択薬となった[5][6]

2015年10月、米国で白金系抗がん剤無効のPD-L1陽性非小細胞肺癌について迅速承認された[7]

2016年9月には、日本でも根治切除不能な悪性黒色腫を対象として承認された[8]

目次

作用機序編集

ペムブロリズマブは、受容体であるPD-1に結合する抗体医薬品である。この受容体は癌細胞による免疫回避に利用される。健康なヒトでは通常これは自己免疫疾患を抑制する役割を担っているが[9]、一部の癌患者においては、ペムブロリズマブのような抗体を投与してこの受容体を阻害することで、免疫系を再活性化させ、自己の一部である癌細胞を攻撃させて破壊することができる[10]。いわゆる免疫チェックポイント阻害療法である。

効能効果編集

  • 根治切除不能な悪性黒色腫
  • 切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌
  • 再発又は難治性の古典的ホジキンリンパ腫
  • がん化学療法後に増悪した根治切除不能な尿路上皮癌
  • がん化学療法後に増悪した進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する固形癌(標準的な治療が困難な場合に限る)

臨床試験編集

進行悪性黒色腫に対する大規模第I相臨床試験での奏効率は37〜38%であり、イピリムマブ投与後に進行した患者では26%であった[11]

非小細胞肺癌に対する第I相臨床試験での奏効率は、対象集団全体で19.4%、腫瘍細胞の半分以上がPD-L1を発現していた患者で45.2%であった。また無増悪生存期間の中央値は、それぞれ3.7カ月と6.3カ月であった[12]

複数の転移を有する非小細胞肺癌(NSCLC)に対する第II相臨床試験が進行中である[13]。また、白金系抗がん剤を対照とした第三相臨床試験が実施されている[14]

進行性多巣性白質脳症(PML)の患者では、8例中5例で、ペムブロリズマブにより JCウイルス量が減少し,臨床的改善もみられた[15]

出典編集

  1. ^ Pollack, Andrew (2015年5月29日). “New Class of Drugs Shows More Promise in Treating Cancer”. New York Times. http://www.nytimes.com/2015/05/30/business/new-class-of-drugs-shows-more-promise-in-treating-cancer.html 2015年5月30日閲覧。 
  2. ^ Hamid, O; Robert, C; Daud, A; Hodi, F. S.; Hwu, W. J.; Kefford, R; Wolchok, J. D.; Hersey, P et al. (2013). “Safety and tumor responses with lambrolizumab (anti-PD-1) in melanoma”. New England Journal of Medicine 369 (2): 134-44. doi:10.1056/NEJMoa1305133. PMID 23724846. 
  3. ^ Duek, Nechama (2014年6月9日). “Israeli-American team unveils revolutionary drug in fight against skin cancer”. ynetnews.com. http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4527743,00.html 2015年6月閲覧。 
  4. ^ FDA Approves Anti-PD-1 Drug for Advanced Melanoma”. cancernetwork.com. 2015年6月14日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ New immunotherapy drug ‘fast-tracked’ for melanoma patients”. Cancer Research UK (2015年3月11日). 2015年6月14日閲覧。
  6. ^ 抗がん剤に「迅速承認」の動き、悪性黒色腫のための免疫療法薬ペンブロリズマブ、英国”. Medエッジ (2015年3月29日). 2015年6月14日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.の抗PD-1抗体KEYTRUDA(ペムブロリズマブ)プラチナ製剤ベースの化学療法施行中または施行後に進行したPD-L1陽性転移性非小細胞肺がんの治療薬としてFDAが承認”. MSD (2015年10月9日). 2015年10月13日閲覧。
  8. ^ 抗PD-1抗体/抗悪性腫瘍剤「キイトルーダ」製造販売承認を取得”. MSD (2016年9月28日). 2016年11月22日閲覧。
  9. ^ Francisco LM, Sage PT, Sharpe AH (Jul 2010). “The PD-1 pathway in tolerance and autoimmunity”. Immunological Reviews 236: 219–42. doi:10.1111/j.1600-065X.2010.00923.x. PMC: 2919275. PMID 20636820. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2919275/. 
  10. ^ Pardoll, DM (Mar 22, 2012). “The blockade of immune checkpoints in cancer immunotherapy.”. Nature reviews. Cancer 12 (4): 252–64. doi:10.1038/nrc3239. PMID 22437870. 
  11. ^ Sharma, Pamanee; Allison, James P. (April 3, 2015). “The future of immune checkpoint therapy”. Science. doi:10.1126/science.aaa8172. http://www.sciencemag.org/content/348/6230/56.full 2015年6月閲覧。. 
  12. ^ Garon EB, Rizvi NA, Hui R, et al. (2015-05-21). “Pembrolizumab for the Treatment of Non–Small-Cell Lung Cancer.”. N Engl J Med. 372 (21): 2018-28. doi:10.1056/NEJMoa1501824. PMID 25891174. http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1501824. 
  13. ^ Press release, "Penn Medicine's New Immunotherapy Study Will Pit PD-1 Inhibitor Against Advanced Lung Cancer", February 4, 2015.
  14. ^ Julie R. Brahmer, Edward S. Kim, Jin Zhang, et al.. “KEYNOTE-024: Phase III trial of pembrolizumab (MK-3475) vs platinum-based chemotherapy as first-line therapy for patients with metastatic non-small cell lung cancer (NSCLC) that expresses programmed cell death ligand 1 (PD-L1).”. Abstracts of 2015 ASCO Annual Meeting. http://meetinglibrary.asco.org/content/145777-156. 
  15. ^ I. Cortese and Others. Pembrolizumab Treatment for Progressive Multifocal Leukoencephalopathy. N Engl J Med 2019; 380:1597-1605. DOI: 10.1056/NEJMoa1815039

関連項目編集