メインメニューを開く
本来の表記は「龐勛の乱」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

龐勛の乱(ほうくんのらん)は、中国末期の868年7月に武寧藩鎮の軍人である龐勛中国語版英語版(ほうくん)が起こした反乱。

驕兵編集

晩唐に入ると、各地で将兵の反乱が多発するようになった。これは、各地の藩鎮に派遣された節度使が私腹を肥やすために将兵への給与を大幅に減らし、将兵の不満が爆発したためであった。さらには、将兵が自分たちにとって都合のいい新たな節度使を擁立することもあった。このため、節度使の中には逆に将兵を過剰なまでに優遇して彼らの機嫌を取る者もあった。

徐州を中心に4州を管轄する武寧藩鎮は、札付きの藩鎮として知られていた。これは、徐州地域が交通の要所であることから優遇され、穆宗期に節度副史として武寧に赴任した王智興以来、勇敢の士2000人による7軍のエリート部隊が置かれていたためであった。彼らは王智興以後も様々な特典を有し、後任の節度使たちも彼らのご機嫌取りに終始していた。

862年7月、徐州の驕兵(驕れる兵隊)たちは新任の節度使である温璋を追い出してしまう。これは温璋が厳しい官吏であるという評判があり、話の分かる上司を寄越せという驕兵たちの無言の声明であったが、これが彼らの破滅につながってしまう。温璋の後任として選ばれたのが裘甫の乱を鮮やかに鎮圧した名臣、王式だったからである。

この時、王式は裘甫の乱鎮圧の直後であったため、救援に来ていた忠武藩鎮と義成藩鎮の軍勢を臨時に率いていた。2藩鎮の将兵を慰労して解散させる段となって、王式はついでとばかりに、将兵に「徐州の驕兵どもを皆殺しにしろ」と命令を下した。

予想しえない王式の攻撃により、武寧藩鎮は壊滅した。生き残りの兵たちは匪賊となり、政府は1ヶ月以内に自首すれば罪は問わないという布告を発した。

桂州赴任と北帰行編集

その後詔勅が出されて、徐州で3000人を募集し、その兵を現在の広西地域に赴任させるという事になった。唐と吐蕃の衰えを見て、859年南詔世隆中国語版ベトナム語版が皇帝に即位して自立していた事に対処するために、匪賊化した徐州の驕兵を活用するという一石二鳥を狙った命令であった。安寧が回復するまでの赴任であり、期限は一応3年ということになっていた。こうして、徐州の驕兵800人が、桂州に赴任した。ところが3年過ぎても交替という話はなく、とうとう6年になってしまった。嘆願しても伸ばされるという事態に驕兵たちは怒り、ついには行動を開始する。

868年7月、桂州の観察使が転勤し、後任が到着していないという時期を狙って、徐州の驕兵たちは都将の王仲甫を殺害。料糧判官の龐勛を盟主に祭り上げると徐州への帰還を開始したのであった。公的にはこれが龐勛の乱の始まりとされている。

彼らは謀反人ではあったのだけど、3年交替と言っておきながら6年に伸ばした朝廷側にも後ろめたさがあったようで、討伐するような事はせず、通過点の府県で歓待を受けながら彼らは徐州へと近づいていく。この時、匪賊化していた元の仲間を吸収することによって1000人に膨れあがっていた。

徐州は徐州と泗州の観察使の管轄になっており、その徐泗観察使は崔彦曽であった、驕兵と観察使の間で使者の往来があり朝廷としては一応は許す方針ではあったものの、好き勝手に乱暴を働いてきた連中を許していいのかという空気があった。また驕兵側も政府を信用してはいなかった。こうした疑心暗鬼の中で龐勛に一つの野望が生まれたようである(陳舜臣は王智興時代の武寧藩鎮を取り戻そうとしたのではないかと解説している)。「政府は我々を凌遅、一族誅殺の刑の処するそうだ。どうせ死ぬなら戦って死のう。もう一度、富貴を得て昔のように気楽な生活を送ろうではないか」と配下を扇動した。ここにおいて徐州の驕兵たちは反逆を開始することになる。

彭城陥落編集

龐勛にとって幸いだったのは、崔彦曽とその部下達が民から過酷な収奪をしており、極めて評判が悪かったことである。このため、政治に不満を持つ民衆や豪族たちが龐勛の軍勢に加わって民乱へと発展。868年の9月(新唐書では10月)には徐州と首府であった彭城は陥落、崔彦曽と部下達は腸をえぐられたあげくに一族皆殺しにあい、徐州は驕兵たちの手に落ちた。

この実績を手に龐勛は朝廷を脅して節度使になろうとした。ところが、朝廷の方針はあくまでも討伐であった。

朝廷はまず、龐勛に使者を派遣して時間を稼ぎをし康承訓王晏権戴可師を討伐軍の司令に任命。諸道の兵に動員令を下した。この時、康承訓は沙陀族といった内地にいた異民族を討伐に参加させることを進言し認められている。 こうして驕兵と政府軍の間で徐泗を巡る激しい攻防が始まる。戴可師の軍勢を空城に誘引、霧で視界が効かなくなったところを襲うことによって軍勢が全滅、戴可師も乱戦の中で死亡するなど龐勛が有利に進めていったが、龐勛自身はこの後に及んでも節度使に未練があったため、政府の高官から「貴方が節度使になれるよう努力してみます」という書簡が送られると戦闘を停止してしまう。

その間に官軍は宋州に軍勢を集結させる。事の重大さに龐勛は兵や物資を集めようとするが、この時に龐勛軍の欠点が露呈されることになる。

自滅編集

龐勛の反乱の目的は政府転覆ではなく、ただ自分たちが贅沢をしたいという理念もへったくりもないものだった。このためは兵隊は強制連行、物資も豪族や富豪から根こそぎ略奪するようになり、隠匿した者は一族皆殺しにされるという有様。崔彦曽の苛政から逃れるために反乱を起こしたのに崔彦曽よりもひどすぎる状況に、参加していた豪族の李兗といった人々が失望し離反した。康承訓も投降を受け入れる作戦をとり、戦わずして龐勛軍は消滅していた。四面楚歌な状況に龐勛はどうすることもできず、僧侶にお布施をしたり、神頼みすることぐらいしかできなくなっていた。

869年9月、龐勛は2万の軍勢を率いて石山から西に出たものの、康承訓の歩騎8万に追われる。いったんは宋州の南城を占領するがそこも追われ、汴河を渡ったところで朱邪赤心中国語版英語版(李国昌。李克用の父)率いる軍勢に攻められたので、済水を渡って逃げようとしたが李兗が橋を切り落として待ち構えていたため、逃げ場を失った龐勛軍は覆滅され、龐勛も乱戦の中で死亡した。こうして龐勛の乱は終わりを告げたのであった。

脚注編集

参考資料編集

  • 陳舜臣著「中国の歴史(4)」(講談社)