ホスホリパーゼA2受容体

ホスホリパーゼA2受容体(ホスホリパーゼA2じゅようたい)とは、PLA2R1 遺伝子によってコードされている受容体タンパク質である[1][2]ホスホリパーゼA2は、リン脂質から脂肪酸を遊離させる酵素である。一部のヘビ毒などにも含まれる。

M型ホスホリパーゼA2受容体は、特発性膜性糸球体腎炎抗原であると示唆されている[3]

脚注編集

  1. ^ Ancian P, Lambeau G, Mattei MG, Lazdunski M (May 1995). “The human 180-kDa receptor for secretory phospholipases A2. Molecular cloning, identification of a secreted soluble form, expression, and chromosomal localization”. J Biol Chem 270 (15): 8963–70. doi:10.1074/jbc.270.15.8963. PMID 7721806. 
  2. ^ Higashino K, Ishizaki J, Kishino J, Ohara O, Arita H (Nov 1994). “Structural comparison of phospholipase-A2-binding regions in phospholipase-A2 receptors from various mammals”. Eur J Biochem 225 (1): 375–82. doi:10.1111/j.1432-1033.1994.00375.x. PMID 7925459. 
  3. ^ M-Type Phospholipase A2 Receptor as Target Antigen in Idiopathic Membranous Nephropathy — NEJM

関連文献編集