メインメニューを開く

ホセ・トーレスJose Torres、男性、1936年5月3日 - 2009年1月19日)は、プエルトリコプロボクサーポンセ出身。元WBAWBC世界ライトヘビー級王者。王者としては長期政権を築けなかったが、その実力は高く評価されている名選手。

ホセ・トーレス
基本情報
本名 ホセ・トーレス
通称 Chegüi
階級 ライトヘビー級
身長 178cm
リーチ 188cm
国籍 プエルトリコの旗 プエルトリコ
誕生日 (1936-05-03) 1936年5月3日
出身地 ポンセ
死没日 (2009-01-19) 2009年1月19日(72歳没)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 45
勝ち 41
KO勝ち 29
敗け 3
引き分け 1
無効試合 0
テンプレートを表示
獲得メダル
プエルトリコの旗 プエルトリコ
男子 ボクシング
オリンピック
1956 メルボルン ライトミドル級

目次

略歴編集

アマチュアとしてメルボルン五輪に出場、決勝でラースロー・パップに敗れて銀メダルを獲得。その後1958年にプロデビュー、名伯楽カス・ダマトの指導を受ける。デビュー以来連戦連勝を続け、1963年にフローレンチノ・フェルナンデスに敗れるまで、1引分けを挟んで26連勝をマーク(この中には9連続KO勝ち、10連続KO勝ちが含まれる)。

なかなか王座挑戦のチャンスに恵まれなかったが、1965年3月30日、ウィリー・パストラーノに9回KO勝ちし、WBA・WBC世界ライトヘビー級統一王者を獲得(パストラーノは希代のフットワーカーだった。ボクシング研究家でもあるジョー小泉は、パストラーノをまっすぐ追わずジグザグに追い詰めたトーレスのクレバーさを高く評価している)。以後3度防衛したが、1966年12月16日、ミドル級から上がってきたナイジェリアの偉大なファイター、ディック・タイガーに15回判定負けで王座を奪われた。翌年5月16日のリターン・マッチにも判定で敗れると、年齢から来る限界もあってか、その後2試合を行っただけで1969年に引退。

王者としての活躍は決して華々しいとは言えなかったが、その強打とクレバーなボクシングは今も識者の高い評価を受けている。モハメド・アリがインタビューで「今までで最も苦しかったファイトは?」と質問され、「ホセ・トーレスとやった3ラウンドのスパーリング」と冗談交じりに答えたというエピソードが、その実力を物語っている。

引退後はボクシング・ライターとして健筆を揮い、アリやマイク・タイソンに関する著作も物している。

2009年1月19日、ポンスの自宅にて心臓発作により死去。72歳没。

通算戦績編集

45戦41勝(29KO)3敗1引分け

著作編集

『カシアス・クレイ』(和田俊/訳)朝日新聞社 1972年
『ビッグファイト、ビッグマネー マイク・タイソン《拳の告白》』(山際淳司/訳)竹書房 1990年

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
ウィリー・パストラーノ
WBC世界ライトヘビー級王者

1965年3月30日 - 1966年12月16日

次王者
ディック・タイガー
前王者
ウィリー・パストラーノ
WBA世界ライトヘビー級王者

1965年3月30日 - 1966年12月16日

次王者
ディック・タイガー