ホセ・モレノ (死刑執行人)

ホセ・モレノJosé Moreno Moreno または José Monero Renomo1919年11月12日 - 1985年11月24日)はスペインセビーリャ出身の死刑執行人である。

彼は1972年にベルナルド・サンチェス・バスクニャーナが死んだ後に後任の死刑執行人になった。

1974年3月2日に彼はセビリアから警察の車でタラゴナへ行った。そして、タラゴナの刑務所でETAのメンバーのドイツ人であるハインツ・チェスことゲオルク・ミヒャエル・ヴェルツェル(Georg Michael Welzel)に死刑鉄環絞首刑)を執行した。

同じ日にアントニオ・ロペス・シエラサルバドール・プッチ・アンティックに死刑(鉄環絞首刑)を執行している。スペインでは同じ日に死刑が執行されたこの2人が、スペインでの鉄環絞首刑による最後の死刑執行となった[1]

脚注編集

  1. ^ スペインでの最後の死刑執行は1975年9月27日の5人に対する銃殺刑の執行である。es:Últimas ejecuciones del franquismo参照。