ホルヘ・アレアサ

ベネズエラの政治家

ホルヘ・アルベルト・アレアサ・モンセラスペイン語: Jorge Alberto Arreaza Monserratスペイン語発音: [ˈxorxe alˈβerto areˈaθa monseˈra(t)]1973年 - )は、ベネズエラ政治家。これまでに副大統領、外務大臣、科学技術大臣などを歴任した。元大統領ウゴ・チャベスの義理の息子。

ホルヘ・アレアサ
Jorge Arreaza
Jorge Arreaza 01.jpg
ベネズエラの旗 ベネズエラ外務大臣
任期
2017年8月2日 – 2021年8月19日
大統領ニコラス・マドゥロ
前任者サミュエル・モンカダ
後任者フェリックス・プラセンシア
ベネズエラの旗 ベネズエラ高等教育・科学技術大臣
任期
2016年1月6日 – 2017年1月4日
大統領ニコラス・マドゥロ
前任者マヌエル・メレンデス
後任者ウグベル・ロア
ベネズエラの旗 ベネズエラ副大統領
任期
2013年4月19日 – 2016年1月6日
大統領ニコラス・マドゥロ
前任者ニコラス・マドゥロ
後任者アリストブロ・イストゥリス
ベネズエラの旗 ベネズエラ科学技術大臣
任期
2011年11月27日 – 2013年4月21日
大統領ウゴ・チャベス
ニコラス・マドゥロ (代行)
前任者リカルド・メネンデス
後任者マヌエル・メレンデス
個人情報
生誕1973年(49 - 50歳)
ベネズエラの旗 ベネズエラミランダ州カラカス
国籍ベネズエラの旗 ベネズエラ
政党ベネズエラ統一社会党
配偶者ロサ・ビルヒニア・チャベス・コルメナレス

経歴編集

ベネズエラ中央大学 (Universidad Central de Venezuela (UCV)) を国際研究の学位を得て卒業した後、Gran Mariscal de Ayacucho 財団の奨学金を獲得してイギリスで欧州政策研究の修士号を取得した。UCVに戻りジャーナリスト及び教職にも就いた他、ベネズエラ公営テレビのアナウンサーやインタビュアー[1]、さらにはテレビ番組 "Diálogo abierto"の司会者としても活動した[2]

2007年、ウゴ・チャベスの長女ロサ・ビルヒニア (Rosa Virginia)と結婚し、チャベスの義理の息子となる[3]。2011年にはチャベス政権下で科学技術相に任命され、チャベスの死後ニコラス・マドゥロが暫定大統領に就任した際には暫定副大統領に指名された[1]。マドゥロが選挙を経て大統領に選任されると同副大統領に就任した[4]

チャベスの死に際にあたっては、チャベス一家の非公式的なスポークスマンとして報道陣に対応した[2]

脚注編集