ホルヘ・キロガ・ラミレス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はキロガ第二姓(母方の)はラミレスです。

ホルヘ・フェルナンド・トゥト・キロガ・ラミレス(Jorge Fernando "Tuto" Quiroga Ramírez、1960年5月5日 - )は、ボリビアの第76代大統領。体調不良によって大統領職を退いたウゴ・バンセル・スアレスの後を継ぎ、2001年8月7日から2002年8月6日まで大統領職に就いた。

ホルヘ・フェルナンド・トゥト・キロガ・ラミレス
Jorge Fernando "Tuto" Quiroga Ramírez

任期 2001年8月7日2002年8月6日
副大統領 なし

ボリビアの旗 ボリビア共和国
ボリビアの副大統領
任期 1997年8月6日2001年8月7日

出生 (1960-05-05) 1960年5月5日(60歳)
 ボリビアコチャバンバ
政党 民主社会勢力(PODEMOS)
配偶者 Virginia "Ginger" Gale Gillum de Quiroga

キロガはコチャバンバにてスペイン系移民の子孫として生まれた。1981年にアメリカ合衆国テキサスA&M大学経営工学学士号を取得して卒業。テキサス州オースティンIBMで働きながら聖エドワード大学経営学修士号を取得。アメリカ人女性と結婚した後、ボリビアへと帰郷する。[1]

キロガは1997年にボリビアの副大統領に選出される。当時41歳であったキロガは、ボリビアの歴史上最も若い副大統領となった。2001年、大統領であったバンセルの健康問題のため大統領職を引き継いだ。7月1日から大統領として従事、8月7日に宣誓就任し、翌年までバンセルの5年の就任期間を全うした。

キロガは2005年の大統領選挙に、中道右派の民主社会勢力PODEMOS)党首として出馬した。主な対立候補は左派の社会主義運動MAS)を率いるエボ・モラレスであった。キロガは28.6%の得票を得たが、53.7%の得票を得たモラレスに敗れた。現在は民主社会勢力の党首として政治活動をする傍ら、世界銀行(WB)や世界通貨基金(IMF)のコンサルタントを兼務している。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ William Finnegan (2002-04-08). "Leasing The Rain". The New Yorker. Retrieved on Feb. 15, 2007