ホーンテッドハウス

ホーンテッドハウス』(英語: Haunted House)は、ジェームズ・アンドレアセンによって設計され、1982年2月にアタリから発売されたAtari 2600テレビゲームである[2]。 本作は、骨壷の3つの破片を回収するために、故ザカリー・グレイブスのお化け屋敷を探索する内容となっており、主人公は一対の目で描かれている。GameSpy の記事によると、このゲームはサバイバルホラーのジャンルの中で最も初期の例の一つであることが確認されている[3]

ホーンテッドハウス
ジャンル サバイバルホラー[1]
対応機種 Atari 2600
開発元 アタリ
発売元 アタリ
デザイナー ジェームズ アンドレアセン
人数 1人
発売日 1982年2月[2]
テンプレートを表示

ハウスは3階建てで、地下室がある。プレイヤーは一度に3つのアイテム(ドアを開けるための、悪霊を追い払う、骨壷)のうち1つだけを拾うことができ、コウモリタランチュラ、グレイブス氏の幽霊を避けなければならない。9回モンスターに襲われるとゲーム終了。骨壷を持って家を脱出した場合、プレイヤーの勝ちとなる。

アイテム(および高難易度の家のレイアウト)は、プレイヤーがジョイスティックの「火」ボタンを使用してマッチに火をつけたときにのみ見ることができ、キャラクターの周りの小さな範囲を照らす。これは何回でも行うことができるが、マッチは消されるまでの限られた時間だけ持続する。モンスターがプレーヤーと同じ部屋に入れば、モンスターからの遠吠えの風により火のついたマッチが吹き飛ばされる。

本作は全部で9つのステージがあり、ゲームがをより高難度にしている。特に、難易度が高くなるにつれて、プレイヤーがマッチに火をつけないと家の壁が見えなくなる[4]

反応編集

1983年のElectronic Gamesは、ホーンテッドハウスのグラフィックは「シンプルな面があるが、暗がりの部屋の中を忍び寄る効果は非常によくできている」と述べている[5]

リチャード A. エドワーズは、The Space Gamer 54巻でホーンテッドハウスをレビューしている。エドワーズは、「ホーンテッドハウスについてすぐに思い浮かぶ欠点はない。これは確かに勝者であり、最寄りの店から忽然と買われるべきだ」とコメントしている。

1993年のレビューでは、デジタルプレスはこのゲームに10点満点中6点を与え、「怖いジャンルの恐竜」と呼んだが、悪いゲームではないと述べている。

続編編集

2010年には、アタリ社から同名の続編が発売され、WindowsWiiXbox Live Arcade向けにグラフィックを刷新した『ホーンテッドハウス』が発売された。Windows版は2010年9月28日 [6]、Wii版は2010年10月5日[7]、Xbox Live Arcade版は2010年10月28日に発売された。本作は、屋敷の中で謎の失踪を遂げたとされる初代主人公の30年後を舞台に、孫たちが屋敷の中で主人公を探していくというストーリーである。

このゲームの非公式な続編である "ホーンテッドハウスへの帰還 "は、プラグアンドプレイゲームシステムのAtari Flashback2に含まれていたいくつかの組み込みゲームの1つである。アドベンチャーソースコードとグラフィックを使用しており、他のアタリフラッシュバックには収録されていない。

シリーズの新作、『ホーンテッドハウス:秘密のグレイブス』が2014年9月1日に発表され[8] 、2014年11月25日にMicrosoft Windows向けに発売された[9]。リリースするとすぐに、このゲームは批評家から否定的なレビューを受けた[10]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Buecheler, Christopher (2002年12月8日). “Haunted House: Origin of the Genre”. Gamespy. 2012年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月19日閲覧。
  2. ^ a b Atari Video Computer System Catalog”. 2013年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月6日閲覧。
  3. ^ Buecheler, Christopher (2002年12月8日). “Haunted House: Origin of the Genre”. Gamespy. 2012年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月19日閲覧。
  4. ^ Atari. “Atari 2600 Manuals (HTML) – Haunted House”. AtariAge. 2007年12月18日閲覧。
  5. ^ “The Players Guide to Fantasy Games”. Electronic Games: pp. 47. (1983年6月). https://archive.org/stream/electronic-games-magazine-1983-06/Electronic_Games_Issue_16_Vol_02_04_1983_Jun#page/n45/mode/2up 2015年1月6日閲覧。 
  6. ^ Haunted House on GameSpy.com
  7. ^ Hounted House (Wii) on metacritic.com
  8. ^ Chris Scullion (2014年9月1日). “Atari reveals Haunted House: Cryptic Graves - trailer”. Computer and Video Games. Future plc. 2015年1月10日閲覧。
  9. ^ Matthew Stolpe (2014年11月25日). “Haunted House: Cryptic Graves Spooks Up Steam Today”. Game Informer. 2015年1月9日閲覧。
  10. ^ Haunted House: Cryptic Graves for PC reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2015年1月10日閲覧。