メインメニューを開く
ボタン
ラジオボタン

GUIボタンは、現実世界における押しボタンと同様に「押す」ことで何かの操作を行なう為のコンピュータ画面上の表現である。一般には物理的なボタンを模した立体感のある形状が多いが(ウィジェット)、中には単なるアイコン表現がボタンの役割を果たす場合もあり、このような物も機能分類に従い通常ボタンと呼称する。「コマンドボタン」と呼ばれることもある。

目次

概要編集

ボタンはアイコンと同様の、機能のグラフィカルな表現である。かなりのバリエーションがあり、全てに共通する特徴を挙げるのは難しいが、アイコンとの主な違いは

などを基本とする。

物理的スイッチと異なり、GUIボタンの動作はその上でマウスボタンを押した時ではなく、離した時に判定される。これは誤ってクリックしたボタンを動作させないようマウスカーソルを判定範囲から外してからリリースできるようにするための処置である。ボタンにキーボードフォーカスが設定されている場合はキーボードリターンキーエンターキー)やスペースキーなどでクリック動作を代替できる。ボタンにフォーカスが設定されていない場合でもエンターキーによって押下されるボタンは「デフォルトボタン」(既定のボタン)と呼ばれる[1][2]

ボタンの種類編集

ボタンには機能に応じて次のような種類がある。

  • プッシュボタン - 最も一般的なボタンであり、一回のクリックごとに定められた何らかのアクションを起動する。
  • ラジオボタン - 複数の選択肢の中で択一を行なう物をラジオボタンと呼ぶ。語源はラジオの局番選択と動作が似ているためである。
  • トグルボタン - 押すたびに状態が遷移するボタン。

このほか、複数のボタンからなるコントロール(スピンボタン)や、長く押し続けるとメニューを表示するボタンなどがある。

なお、ラジオボタンと類似するチェックボックスや、ウインドウのメニューは通常ボタンとは呼ばれない。

近年[いつ?]では、ボタン上に押下によって変化するラベルやアイコンを配置して状態を表示するものがある[3]

この場合、現在の状態を表しているのか、それとも逆にボタンを押すことによってその状態になることを示しているのかは明確な取り決めが存在しないため非常に紛らわしく、どちらの意味であるかは個別のアプリケーションソフトウェアまたはOSによって異なる。マイクロソフト社はWindowsユーザーエクスペリエンスガイドラインにて、コマンドボタンは状態の設定に使うのではなく、操作の開始のみに使うことを推奨している[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ デフォルトボタンの設定 - ボタンの作成(JButtonクラス) - Swing”. www.javadrive.jp. 2016年1月16日閲覧。
  2. ^ Button.IsDefault Property (System.Windows.Controls)” (日本語). docs.microsoft.com. 2016年1月16日閲覧。
  3. ^ 大重美幸. “Adobe Edge: 2009年9月 大重美幸の「これ見落としてませんか?ActionScript 3.0」 第1回  あなたが思う以上に自由自在な「Buttonコンポーネント」”. Adobe. 2015年5月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月16日閲覧。
  4. ^ Windows ユーザーエクスペリエンス ガイドライン > ガイドライン > コントロール > コマンド ボタン”. docs.microsoft.com. Microsoft. 2015年7月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月16日閲覧。 “状態の設定にはコマンド ボタンを使いません。代わりにラジオ ボタンやチェック ボックスを使います。コマンド ボタンは操作を開始するためだけに使います。”

関連項目編集