ボラリス (Volaris) は、メキシコシティに本拠地を置く、格安航空会社である。メキシコシティ国際空港をハブ空港として、メキシコ全土やアメリカ西海岸へと運航している。

ボラリス(Volaris)
Concesionaria Vuela Compañía de Aviación, S.A. de C.V.
Volaris Logo.jpg
IATA
Y4
ICAO
VOI
コールサイン
VOLARIS
設立 2005年
ハブ空港 メキシコシティ国際空港ヘネラル・アベラルド・L・ロドリゲス国際空港
焦点空港 ドン・ミゲル・イダルゴ・イ・コスティージャ国際空港
保有機材数 21機(28機発注中)
就航地 25都市
本拠地 メキシコシティ
外部リンク https://www.volaris.com/
テンプレートを表示

メキシコ国内ではアエロメヒコに次ぐ第二の規模を持つ。

概要編集

2005年に設立され、2006年3月にトルーカ - ティフアナ間で運航を開始した。

世界最大のスペイン語メディアグループであるテレビサや、中米最大手の航空会社TACA航空、また、世界トップクラスの大富豪・カルロス・スリムの保険会社インバルサなど、複数の大手企業から出資を受けている。

2009年には、アメリカの老舗格安航空会社であるサウスウエスト航空とのコードシェア便の運航を開始した。

創業以来、発着枠が少なく、使用料が増大するとの理由でメキシコシティ国際空港へは乗り入れていなかった。しかし、2010年9月にメキシコ2位の航空会社であったメキシカーナグループが運航停止したことを受けて、同空港の発着枠に若干の余裕ができたため、同空港への乗り入れを開始した。

サービス編集

 
トルーカ空港に到着したボラリスのエアバスA319型機

通常の格安航空会社とは異なり、ソフトドリンク、スナック、さらにアルコール飲料などの機内サービスが提供される。これは、同社のスポンサーからの提供によるものである。機内誌「V」も提供される。

なお、以前はメキシコシティからトルーカ国際空港までの無料シャトルバスサービスが存在したが、現在は有料となっている。

使用機材編集

すべてエアバス製である。座席はエコノミークラスのみ設定されている。

使用機材
機材 機数
エアバスA319-100 19
エアバスA320-200 2
エアバスA321neo 39

外部リンク編集

  • Volaris (スペイン語)/(英語)