ポチテカ: Pochteca)は、アステカに存在した交易者。武装した隊商による長距離交易を行い、アステカの中心部であるメキシコ高地から、低地にあるプトゥン人交易港であるシカランコ英語版や、カカオ産地のソコヌスコなどへ旅をした。

概要編集

 
フィレンツェ絵文書英語版に描かれたポチテカ。交易品を背負っている。ロレンツォ・メディチ図書館英語版所蔵。

ポチテカは、地域市場の小売人とは異なり世襲制のギルドを組織し、メシコの首都テノチティトランや商都トラテロルコを中心に12のギルドが存在した。集団内部で職務が分かれており、アステカの領外で貿易をする者(oztomeca)、領外で諜報活動を行う者(nahualoztomeca)、奴隷商人(tecoaniまたはteqltiani)、領主たちの財を交換する者(tecunenenqui)、そして統括する者(pochtec’atlailotlacまたはacxotecatl)がいた。アステカには車輪や荷物を運ぶ大型の家畜が存在しなかったため、荷物は人夫(tlamama)によって運ばれた[1]

ポチテカは各地からアステカに送られる貢納を管理し、新たな征服地の諜報活動も行った。異国の情報を集め、彼らが危害をこうむると戦争の口実とされた。こうしてポチテカはアステカによる征服を後押しした[2]。ポチテカは固有の神々を祭ることや、独自の裁判権を認められていた。しかし豊かさをアピールすることは制限されており、逸脱した者は処刑されて財産を没収された[3]

交易では貴重品を扱い、飲食や貨幣に用いるカカオ、装飾に用いるケツァールをはじめとする鳥の羽根、ジャガーの皮、金、トルコ石、翡翠、琥珀などの貴金属や宝石などがある。取引が成功した商人は、神への感謝と成功の誇示をするために宴会を主催した。宴会では同御者の他に同行した戦士や土地の貴族ももてなした。会員がギルド内で昇進するには、仲間の商人を招いて宴会を主催することが義務でもあった。ポチテカは戦士などと並んで、チョコレート飲料をはじめとするカカオの消費を許された階級でもあった[4]

出典・脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 小林 1985, pp. 822-823.
  2. ^ アイミ 2020, p. 159.
  3. ^ 小林 1985, pp. 825-826.
  4. ^ アイミ 2020, pp. 160-161.

参考文献編集

関連項目編集