メインメニューを開く

ポルフォビリノーゲン

ポルフォビリノーゲン (Porphobilinogen) は、 ポルフィリンの生合成にピロールを導入する中間物質である。

ポルフォビリノーゲン
識別情報
CAS登録番号 487-90-1
PubChem 1021
EC番号 207-666-3
MeSH Porphobilinogen
特性
化学式 C10H14N2O4
モル質量 226.229
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ポルフォビリノーゲンは、アミノレブリン酸アミノレブリン酸脱水酵素により合成される。ポルフォビリノーゲンは、ポルフォビリノーゲン脱アミノ酵素によりヒドロキシメチルビランに結合、変換される。

ポルフォビリノーゲンの合成

急性間欠性ポルフィリン症 は、尿中ポルフォビリノーゲンを増加させる原因となる[1]


脚注編集