ポーカーダイス(poker dice)は、サイコロを5個振り、出た目で強弱を競う遊び。[1] 使うサイコロは数字の目(ピップ)を持つ代わりに、トランプの表象を持つ。ポーカーダイスには、エース、キング、クイーン、ジャック、10、9の 6つの面があり、ポーカーハンドを形成するために使用される。

ポーカーダイスとダイスカップのセット

さまざまなポーカーダイスはスートに関してわずかに異なるが、スペードのエースはほぼ普遍的に表される。9♣と10♦は頻繁に見られるが、顔カードは伝統的にスートではなく色で表される。赤はキング、緑はクイーン、青はジャック。メーカーは顔の側面の色を標準化していない。ゲームは通常のサイコロでもプレイできる。

ゲームとして編集

 
3セットのポーカーダイス

クラシックポーカーサイコロゲームは、5つのサイコロと2人以上のプレイヤーでプレイされる。各プレイヤーには合計3つのロールがあり、ロールの間にダイスを保持する能力がある。3つのロールの後、最高のハンドが勝つ。

基本ルール編集

最も強い役を作った人が勝ちとなる。一度だけ好きな個数のダイスを振り直すことができる。(振り直せる個数が決まっていたり、普通の6面サイコロを使うルールもある)

バリエーションでは、ストレートはバスト(ハイカード)としてのみカウントされる。ストレートはフルハウスよりも確率が低いため、カウントされる場合、通常はカードポーカーのようにフルハウスより下にランク付けされるが、フルハウスより上にランク付けされる必要がある。サイコロにスーツがないため、「フラッシュ」も「ストレートフラッシュ」もハンドではない。

一部のルールでは、キングへのストレートのみがストレートと呼ばれ、エースへのストレートはフラッシュと呼ばれる。各ルールの正確な確率は120/7776である。これらのルールでは、ストレートはフルハウスに勝つ(カードポーカーとは異なるが、その確率を正しく反映する)が、フォーオブカインド(その低い確率を誤って反映する)に勝たない。フラッシュはフォーカード(カードポーカーのように、その低い確率を正しく反映)を破る。

確率編集


正確な確率 割合 何分の1
ファイブオブアカインド 6/7776 0.08% 1296 J J J J J
フォーオブアカインド 150/7776 1.93% 51.8 10 10 10 10 A
フルハウス 300/7776 3.86% 25.9 9 9 9 K K
ストレート 240/7776 3.09% 32.4 10 J Q K A
スリーオブアカインド 1200/7776 15.43% 6.5 9 9 9 J K
ツーペア 1800/7776 23.15% 4.3 9 9 Q Q A
ワンペア 3600/7776 46.30% 2.2 9 10 10 Q K
バスト(ハイカード、ペアなし、ストレートなし) 480/7776 * 6.17% 16.2 9 J Q K A

バリアント編集

マールボロはかつてスートを含む八面体のポーカーダイスのセットを販売していた。各ダイには、7からエースまでのわずかに異なる番号が付けられていた。同様のセットは現在、Koplow Gamesによって製造されている。1974年、オーロラは「ジミーギリシアオッズメーカーポーカーダイス」と呼ばれる12面のポーカーダイスを製造し、2000年にオーロラ/レックスゲームは「ロイヤルポーカーダイス」という名前で同様のセットを製造した。セットには、52枚すべてのトランプを表すことができる5つの12面ダイスがあった。残りの8つの顔には星が付いており、ワイルドカードとして振る舞うすべての可能なポーカーハンドを可能にした。

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集